\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

年商20億円かせぐ!Amazonせどりの王道 第1章

6万円だった月収が、起業 半年で100万円になった!

 

借金を抱えて悩んでいた20歳のとき

 

私は海外で生まれ、日本に来たのは7歳のときです。今では日本語で苦 労することはなくなりましたが、それでも日本語が得意とは言えません。 そのような私でも大きく稼ぐことができたビジネスがあります。

当然、私ができたのですから、みなさんも必ずできます。それを証明す るためにこの本を書こうと思いました。

まずは、私の今までの足跡をお話したいと思います。

高校を出てから最初に目指したのは俳優でした。通訳の道に進もうかと も思いましたが、人とは違った変わったことをしたい気持ちが強かったの です。

 

大阪のS芸能プロダクションに所属し、一人暮らしを開始。夜は居酒屋 でアルバイトをしながら、オーディションを受けたり、レッスンを受けた りしていました。

 

そのときの俳優の仕事で稼いだ最高月収は、いくらだと思いますか?

実は、たった6万円でした。少ないときは1万円にも満たないときもありました。

 

そのような生活をしていたために、ローンの借り入れがかさみ、2年間 で300万円弱の借金を抱えてしまったのです。

 

これではダメだと思い、不動産会社のEに営業職で就職をすることにし ました。

もともと営業の仕事が向いていたのかもしれません。アルバイトのコー ルセンターでは新人賞を取りましたし、光回線のE社でも関西での営業成 績が第3位にもなりました。

 

しかし、それでも手取りは19万円くらいにしかなりませんでした。

 

これでは借金を返すのに5年以上はかかってしまいます。しかも、ダブ ルワークで朝の7時から夜の12時まで働いていたので、それを何とか変 えたいと思うようになりました。

 

偶然、出会ったビジネスが自分の運命を変えた!

 

それは、働いて7か月ぐらいしたときでした。大阪の道頓堀を歩いてい ると、目の前にツタヤがあったのです。その本屋で出会ったB誌に、『サラ リーマンが片手間で月に20万円稼げる方法』という記事がありました。

 

そこには今私がおこなっているビジネスの基本が書かれていました。安 く仕入れて高く売る物販です。まさにそのときの私にぴったりの内容でし た。私は迷わず、そのビジネスに取り組むことにしました。

 

ただ、借金生活ですから資金がありません。銀行にある貯金は10万円 ぐらいしかありませんでした。そのため、クレジットカードを作り、そこ から仕入れをすることにしました。作ったのはYahoo! JAPANカードと 楽天カードです。

 

最初は海外から輸入をして国内で販売していたが……

 

最初に始めたのが、海外から輸入して国内で販売する方法です。雑誌の 記事には好きなものから始めるといいと書かれていましたので、主にレゴ やゲームを取り扱いました。

 

ただ始めたときは不動産営業の仕事をしていましたから、帰宅後の夜 中の12時から朝の5時までが、物販の仕事をする時間帯でした。  海外から届いた品物を自宅で梱包し、コンビニで発送する。その繰り返 しです。平日は売れ線のものをリサーチをして、土・日で梱包、発送しま した。出店はヤフオク!をメインにしました。その頃はまだAmazonは今 ほど人気はなかったと思います。

 

これが、思った以上にうまくいきました。

 

特に海外版の限定レゴは評判が良かったです。月に100点から150点 は発送しました。  その結果、初月で得られた利益は20万円。次の月も20万円を超えるこ とができました。会社員でもらっている給料と同じ額です。

 

そこで、このビジネスに専念することにしました。土・日しかできなく ても20万円が稼げたのですから、毎日、専念すればもっと収入が増える と判断したからです。

 

結局、不動産会社はたった7か月で辞めました。

 

続出する課題をクリアすべく辿りついたのが インターネット・リセリング

 

こうして借金生活から脱出する希望の光が見えてきた私でしたが、 徐々に問題が発生してきました。相変わらずレゴは売れ続けていたのです が、だんだんに不良品が出るようになったのです。

 

これではビジネスがうまくいかないと思い、私は輸入品を売るのを止 め、国内の店舗で仕入れることにしました。出店先も、いろいろなサービ スが充実してるAmazonメインに切り換えました。

 

店舗で仕入れをしますから、車が必要不可欠になります。ヤフオク!で 中古のムーヴを8万円で買って、それに乗って朝の7時頃から夜中の12 時まで、大阪近辺の店を回りました。

 

Amazonで売れるものは何でも仕入れました。主に家電やゲーム、メ ディアを扱いました。すると、何と半年後には100万円の利益を達成した のです。

 

その頃にはカードも何回か繰り上げ返済をしているうちに利用できる 枠がどんどんアップしていきましたので、扱える金額も増えていました。

 

しかし、扱う品物が多くなるにつれて問題も起きてきました。それは交通費がかさむことと、雨の日の仕入れなど、作業が大変になってきたこと です。

 

そこで、何か違う手段がないか、調べたところ、辿りついたのがインターネット・リセリングだったのです。

 

インターネット・リセリング を始めよう

 

安く仕入れて高く売る仕事

 

インターネット・リセリングとは、仕入れをインターネットで済ませる 物販手法のことです。

ネット上には、数百万店以上もショップが存在しています。すると、同 じ商品でもAショップでは1000円、Bショップでは2000円というよう に、価格差が生じます。この価格差を上手に使って利益を得るという手法 です。

 

この物販手法をマスターすれば、24時間、365日、日本だけでなく世界 中で、場所と時間の制約をいっさい受けることなく仕入れ作業をすること が可能になります。

 

私はこの手法を使い、メルマガなどの情報やネットでの情報を基に、安 く仕入れ、高く売ることを一人で黙々とやりました。

 

メルマガ登録も5000店舗。それを見て仕入れを行っていきました。

 

仕入れ先はすべてネット

 

ちなみに、仕入れ先として主なところは以下になります。

 

  • ショッピングサイトモール(楽天市場、Yahoo!ショッピング等)
  • オンラインネットショップ
  • 個人が運営している小規模ネットショップ
  • オークションサイト(ヤフオク!、モバオク等)
  • フリマアプリ
  • 卸サイト

販売先はやっぱりAmazon!

 

一方、仕入れた商品を販売する場所は、先ほどもお話したように、私は Amazonをメインにしています。ただ、それ以外にも販売できるところが ありますので、それについても解説しておきます。

 

①Amazon

Amazonはオンラインストアでは最大の規模を誇るインターネット小 売販売企業です。日本での売上高では楽天市場に続く規模を誇っていま す。  圧倒的な集客力を持つので、初心者は迷うことなく、Amazonで販売 してください。初期費用は無料からできますし、商品の発送作業を完全に 委託するFBAというサービスもあります。

 

②オークションサイト

仕入れ先として有効なオークションサイトは、販売先としてもかなり有効です。

不要品の処分をする場所といったイメージが強いかもしれませんが、 ヤフオク!だけで数百万円を売り上げている人も多くいます。

ただし、初心者はヤフオク!をAmazonと併用して販売するのではな く、Amazonだけに絞ってやったほうがいいと思います。

 

③フリマアプリ

スマホが普及した結果、フリマアプリで簡単に商品が出品できるように なり、同時に商品を購入することもできるようになりました。そのため、 Amazonで仕入れたものをフリマアプリで販売することも可能になりま した。  ただ、最初は販売先はAmazonに絞って始めましょう。

 

インターネット・リセリングのメリット

 

では、国内インターネット・リセリングにはどんなメリットがあるで しょうか? その代表的なものは次の通りです。

 

  • 24時間、365日、日本や世界中のどこにいても取り組める
  • ツールの使用により、リサーチ、仕入れの自動化を実現することが可能
  • 段ボール、梱包材料等の準備が不要になる
  • 他人の目、人混みを気にしなくてもいい
  • 日本語での取引が100%

 

インターネット・リセリングのデメリット

 

今度はデメリットについてです。何でも完全ということはありません。

特に仕入れの面で注意が必要です。デメリットを知っておくことで、その 注意点も知ることができます。

 

・商品到着までのタイムラグがある

・到着まで商品の状態を確認できない(中古品の場合、出品者の評価が参考になります)

・商品代とは別に送料がかかる場合がある

・偽物(海賊品)を仕入れてしまう可能性がある(メディア商品に多いの ですが、仕入れの際にいくつかのポイントに気をつければそれほど心配 はありません)

 

生活スタイルに合った取り組み方で始めよう

 

私の場合は会社を辞めて、専業で取り組みましたが、みなさんの中には いろいろな環境の方がいらっしゃると思います。

 

公務員、会社員、シフト制の仕事、夜勤のある仕事……あるいは、主婦 の方、学生の方など。また、地域もそれこそ北海道から沖縄まで、いろい ろな方がこの本を読んでいただいていると思います。

 

当然、インターネット・リセリングに取り組める時間もさまざまです。 しかし、必ずどこかで取り組む時間帯ができると思いますので、その時間 を有効に使ってビジネスを始めましょう。

 

そして、このビジネスを専業にする決心がつきましたら、これからお話する私の経験がお役に立つはずです。  実際に私は専業でやるようになってから、実績がどんどんアップしてき ました。それとともに銀行からもお金が借りられるようになり、カード枠 も一気に増えました。

 

さらに、新たにコンサルティングの仕事も始めました。セミナーも会員 を募集して始めました。コンサルティングの収入も物販につぎ込み、始め て10か月くらいしてから東京へ引っ越しました。

 

それからは事業の拡大を図り、時間のかかる出品作業を請け負う代行 会社も作りました。これにより、出品の手間が省け、リサーチと資金の調 達に専念できるようになったのです。

 

4900円であなたもお店のオーナーになれる

 

Amazonなら、自分の店舗が簡単に持てる

 

通常、自分で店舗を持とうとすると何千万円もの投資が必要です。小さなお店でも数百万円はかかるでしょう。それほど自分でお店を持つのは簡 単ではありません。

 

しかし、それがインターネット上であれば、それもAmazonであれば、 月に0〜4900円(税抜)で持つことができます。

 

月に4900円と言えば、1か月に飲むコーヒー代よりも安くて済みます。 それも自分の店舗ですから、自由に出品することが可能です。

 

それに集客や決済はAmazonがすべてやってくれます。自分のやることはリサーチと仕入れだけです。Amazonに商品を発送すれば、それで 終わりです。

 

これがヤフオク!だとどうなるでしょうか?

 

自分で撮影をして、文章も書かなければいけません。それから振り込み の確認作業も必要です。それが終わったならば商品の発送もしなければ なりません。

 

これを商品ごとに何回もしなければいけないのです。ビジネスの規模が 大きくなるほど作業が大変になります。小遣い程度の儲けで良ければそ れでも構いませんが、ビジネスとして確立させようと思うならば、かなり難しい面があります。

 

掘り出しものを見つけてAmazonで売ろう

 

以上のような理由から、最近ではAmazonで起業をする人が増えてい ます。本格的に始めようとすると、必然的にAmazonで始めることにな ります。

 

例えば、この頃、急に人気が出始めたメルカリ。これは業者は出品NG になっています。つまり、大々的に商売をやろうと思ってもできない仕組 みです。

 

基本は個人対個人の取引です。個人としてやる場合はどんなに規模を 大きくしてもOKですが、それでも限界があります。物量的にも数量が多 くなればとても無理です。

 

そのため、メルカリの出品者は若い人や女性が大多数です。そもそも私 が起業をした5年前にはまだ流行はしていませんでした。  ただ、仕入れ先としてはお薦めです。なぜなら、個人間の売買ですから、 素人の方が大半です。リサーチもあまりしていない人が多いのです。

 

すると、だいたいが高く売りに出すか、低く売りに出すか、そのどちら かになりますので、探せば掘り出しものも見つけられます。

 

同じようにヤフオク!で仕入れて、Amazonで売るのもお薦めです。

 

Amazonをお薦めする これだけの理由

 

さまざまなサービスが受けられる

 

私が始めた頃もAmazonは人気がありましたが、それが今では驚くほ どの急成長を遂げています。  例えば、いろいろなサービスがつぎつぎに生まれています。先日もトイ レットペーパーがなくなったとき、スーパーに買いにいくのが面倒くさ かったのでAmazonに頼みました。primenow(プライムナウ)という サービスがあり、そこに頼めばわずか1時間ほどで商品を届けてくれるの です。このように日用品などはすぐに手に入れることができます。  また、アマゾンフレッシュというサービスでは、食品の配達もしてくれ ます。肉類や野菜、生ものなども、頼めば配達してくれます。まさに、家か ら一歩も出ないで生活することも可能になっているのです。

 

スーパー、百貨店よりも売り上げが大きい

 

ここでAmazonの売り上げを見てみましょう。それを見ればどれだけ 凄いかがよくわかります。

 

日本流通産業新聞が集計した「通信販売・通信教育売上高調査〈夏季〉」によると、上位509社の合計売上高は10兆2146億1200万円でした

 

その中で1位のアマゾン(日本事業)は、ECモールも展開しており、新規ユーザーの獲得、リピート購入者の拡大により、さらに成長が加速しています。

 

さらに、上位300社の合計売上高の推移を見ても、この業界が年ごとに 発展しているのがわかります。

 

 

何と言っても売り上げトップはアマゾンジャパン

 

そしてトップは、今回の調査でもアマゾンジャパンでした。規模は1兆 円を突破しています。  米アマゾン・ドット・コムの公表している資料では、2016年12月期で のアマゾンジャパンの売上高は107億9700万ドル。その当時の為替レー トで円に換算すると1兆1768億円で、前年の同時期は約9999億円だっ たので、比較すると17.6%の伸びになります。

 

この傾向はこれからさらに拡大されるのではないでしょうか。

 

上位10社の中でも42%のシェアを占めている

 

また、上位10社で見てみると、全300社合計の42%を上位10社が占 めており、なおかつその10社の中でも売上高トップのアマゾンは10社の 合計売上高の42%を占めています。

 

さらに、上位合計300社でのシェア率で見ても、約18%を占めている という驚異的な数字が出ています。

 

ここにも私がAmazonを薦める理由があると言えます。

 

確実にネット販売市場は拡大傾向

 

通販新聞の姉妹誌「月刊ネット販売」による「ネット販売白書」の結果 も見てみましょう。

 

2016年度のネット販売実施企業上位300社の合計売上高は3兆6322 億円です。これを前年度の調査結果3兆2522億円と比べると、11.7%の 伸びになります。

 

ここでもアマゾンジャパンは2位以下を大きく引き離しています。売上 高は前項でも示しましたが、2位のヨドバシカメラと比べてもその差は歴 然です。

 

また、上位30位以内では2桁減収の企業はありませんでした。ネット 販売の売上高を年ごとに見ても、順調に売り上げが拡大しています。この 傾向は増えることはあっても減ることはないと思います。

 

 

ネットビジネスで成功する ために必要な2つの要素

 

やる気だけでは成功できない

 

このようなビジネスをやっていると必ず聞かれることがあります。

「大竹さん、ネットビジネスで成功するには何が必要ですか?」  

 

確かに、この答えを求めてみなさんは本を読んだり、セミナーに通った り、ビジネス教材を買ったりしているわけです。

 

ところが、なかなかこれという答えにぶつからないから、この本を求め たのではないでしょうか。

私の答えはズバリ、これです。

 

「正しいノウハウを得て、正しい環境に自分を置くことです」  

 

このどちらかが欠けても成功はしません。必ずこの2つがセットになっ ていなければいけません。そうでなければ、仮に一時的な成功はあって も、継続的に成功することはあり得ません。

 

 

正しいノウハウは私がお教えします

 

このうちの正しいノウハウは私がお教えします。

物事はうまくいかないことが当たり前です。すぐに成功できる人はごく 少数です。特に間違ったノウハウを信じて努力した場合、限りなく、成功 への道は遠くなります。

 

例えば、世界最速の車を所有していても、それを運転する正しい技術が なければ事故を起こしてしまいます。  最短で成功を収めるためには、正しいノウハウを身につけることが欠か せません。私が教えるノウハウを確実に身につけていただきたいと思いま す。

 

常に使える情報が入ってくる場所に身を置くこと

 

そして、常に正しい情報、使える情報が入ってくる場所に身を置くこ と、そのような環境を率先して作っておくことも重要です。  一例としては、成功を収めている人たちとの交流が挙げられます。彼ら から最新の情報を得ることができますし、困っているときにはアドバイス をもらえます。

 

自分の思い込みで動いていては成功はできません。必ずデータに基づ いた情報を仕入れ、それを実践することが必要です。  後で詳しくお話しますが、売れているトレンドや商品の情報には敏感に なっておくこと。それは街中の風景にも、ニュースの中にも含まれていま す。ちょっと意識を改革するだけで、それがお金に変わります。  そうしたことは、私のようなプロでなくても充分にできます。日頃の関 心をそちらに向けるだけで情報を得ることが可能です。

 

何があってもやり続けること

 

最後につけ加えるならば、とにかくやり続けること。これが重要です。 マインドと言ってもいいかもしれません。  物事はうまくいかない場合がほとんどです。すぐに結果を出せる人はご く稀です。

 

特に0から1にするときが大変です。飛行機でも離陸するときがもっと も燃料を使うと言われています。  最初は失敗の連続かもしれません。効率も悪いでしょう。最初が辛いの は誰も同じです。

 

しかし、いざ動き出すと労力はどんどん軽減していきます。結果も少し ずつ伴っていきます。それまではしっかりと我慢です。だいたいの人がこ の段階で辞めてしまいますが……。

 

それを防ぐためには、目標を設定することをお薦めします。ただ漠然と 「お金を儲けたい」では続きません。  例えば、初月は20万円の売り上げを目標にする。そして、その次は50 万円を目標にする。そして、1年後には月収100万円を目指す、という具 合です。

 

このような目標を設定すれば、モチベーションがアップしますし、自分 に使命感が出てきます。そうすれば1つや2つの失敗で挫けることもなく なります。

 

2つの要素とやり続ける努力を欠かさなければ、必ず成功することは私 が保証いたします。

 

インターネット・リセリング の基本の4ステップ

 

意外にシンプルな4つの流れ

 

月に何十万、多い人になれば100万円を稼ぐネットビジネスとなれば、 やらなければいけないことも多く、難しいことを覚えなければいけないと 思われますが、これがまったく違います。非常にシンプルで、覚えやすい ビジネスなのです。

 

やらなければいけないことは4つだけです。

 

  1. リサーチ
  2. 仕入れ
  3. 出品
  4. 管理

 

これだけでOKです。他にはありません。特にAmazonの場合は、その 他の面倒くさい作業はすべて代行してくれます。集客、梱包、発送、決済 ……など、あなたの代わりにやってくれますので、非常に手間が省けます。

 

上記の4つについては、この後、章ごとに詳しくお話しますので、そち らをよく読んでください。

 

「稼げる人」と「稼げない人」 のほんのちょっとの違い

 

知っているか、知っていないかだけで人生が変わる

 

世の中、インターネット全盛の時代にはなりましたが、それでは買い物 をするときにネットで価格を比較して安いものを買っているかと言うと、 そんなことはせずに、決まったショップで買っている人がほとんどではな いでしょうか。  便利になったと言っても、それは買い物をするのに便利になったので あって、安く買うためには使っていないのが現状です。それではあまりに も宝の持ち腐れと言えます。

 

その理由は単に面倒くさいとか、知らないからというのが圧倒的です。 もし知っていれば、きっと安い価格の商品を探して、それを買うはずで す。

知らないとそれだけで大損をする

 

私が光回線の営業をやっていたときのことです。当時、自分で契約に加 入すると6万円のキャッシュバックがありました。  しかし、私はそのことをあえて話さずに契約を取り、その6万円の キャッシュバック分も自分の利益に計上していました。

 

これを知っているお客であれば、私の勧誘は断ります。せっかくのキャッシュバックの6万円が受け取れないからです。知っている人は自分 で家電量販店に行き、そこで契約をします。私が契約をお願いしようとす れば、「なぜあなたと契約をしなければいけないのか?

 

それではキャッ シャバック分が受け取れなくなってしまう」と言われます。  私がキャッシュバック分を自分の売り上げに計上できたのは、そのこと を知らない人がいたからです。

 

ネットビジネスも同じです。そこにある真実を知っているか、知らない かで稼げるかどうかが決まってしまいます。  それはそのときの稼ぎがあるか、ないかだけではなく、あなたのその後 の人生を考えると何千万円もの差になって現れてくるはずです。

 

基本的な考え方は、いつの時代も変わりません。たとえ、Amazonが 20年後になくなっていたとしても、その考え方は同様です。そのときは Amazonに代わる媒体を探して、そこで同じようにビジネスを展開すれ ばいいだけです。

 

要はちょっと知っているだけ、意識しているだけで大きく変わるので す。そのことを肝に銘じておいてほしいと思います。

 

「1.01の法則」と 「0.99の法則」

毎日の小さな積み重ねが大きな成果へとつながる

 

この法則をみなさんはお聞きになったことがあるでしょうか。有名な法 則なので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

これはたとえ小さなものであっても、それを毎日、積み重ねることで、 いずれは大きな差になって現れるということを意味しています。

 

例えば、毎日の努力を1とします。それに足して0.01だけ余分に努力を すると、それは1.01になります。  逆に、0.01だけサボるとします。するとそれは0.99になります。1日だ けを見れば、たった0.02の差です。ほとんどわからないほどの差です。

 

ところが、これを1年間、365日続けるとどうなるでしょうか。 1.01の365乗=約38 0.99の365乗=約0.03  これだけの差になって現れます。

 

この結果からわかるのは「小さな努力であっても、それを積み重ねるこ とで大きな成功を得ることができる」ということです。そして「少しだけ サボっているつもりでも、それを積み重ねると、どんどん力を失ってしまう」ということです。

 

大事なことは努力の大きさではなくて、継続させること。これが成功へ の鍵となるのは間違いありません。 ●私が成功した秘訣は何か?

 

最後に、私が他の人よりは比較的短期間で成功できた秘訣をお知らせ したいと思います。

それには次の要因が挙げられます。

 

  • 普通の人よりは時間をつぎ込んだ
  • ダメなら変化球も投げてみた
  • 徹底的に調べ、研究した
  • マニュアルを一度試したら、それを自分流にアレンジしてやってみた
  • 失敗しても、絶対、あきらめない  

 

もともと育った家庭環境が裕福ではなかったので、このまま我慢の人 生を送りたくないと思っていました。そのため、「今、何かをしなければい けない」という思いが強かったのです。一般的には、ハングリー精神と言 われるものかもしれません。

 

扱う媒体はネットであっても、最終的にはマインドの問題が大きいと思 います。

 

サラリーマンなら20年以上かかる月収を、わずか 1年で!

 

物販を手がける人に多く見られるのが、月に20~30万円稼げると、そ れで満足してしまうことです。これが他の投資と比べると大きく違いま す。そのため、それ以上、なかなか伸びません。

 

しかし、大きく稼ぐ人は、それで留まらずに月に100万円を稼いでいま す。

私もそうでした。

 

サラリーマンならば月100万円を稼げるようになるまでに何年かかる でしょうか。

20年以上は確実にかかります。それが物販ならば、わずか1 年で可能になります。

 

やればやるだけ稼げるのがインターネット・リセリングです。あなたも その仲間入りを果たしてみませんか?