唯一無二のAmazon市場分析ツール 「ERESA(イーリサ)」の公式ホームページになります。

古着転売は違法?逮捕事例をもとに法規制されるか紹介!

古着転売は稼げるビジネスで、普段から実践している人も少なくありません。主な販売先はメルカリで、実践する人も増えています。

しかし、世間では「古着転売は違法」という人もいます。そこで今回は、古着転売が違法になるかどうかを解説していきますね!

イーリス
イーリス
古着転売をこれからしようと思っている人や、違法かどうか気になる人は参考にしてくださいね!

【この記事をまとめると】

古着転売が違法になるケース!

  • 古物商許可証なしに販売した
  • 偽ブランド品を販売した
  • ブランドを模倣した商品を製造して販売した

販売先で古着転売が違反になるケース!

  • 無在庫転売をした
  • 外部サービスに誘導して購入させた
  • 複垢を所持して販売した

古着転売は違法?実態を徹底解説!

古着転売をしようと思ったときに、Twitterやブログなどで「古着転売は違法」という情報を見たことがある人も多いと思います。

当編集部でも、古着転売について調べていると、「違法性があるからやめましょう」と書かれているメディアを見つけました。しかし、普通に古着を仕入れて転売する分には、抵触する法律がありません。

つまり、古着転売をすること自体に違法性はないのです。それでも、古着転売が違法だといわれる理由には、以下が関係しています。

古着転売が違法だといわれる理由

  • 古着転売で書類送検された人がいるから
  • 高額転売による法規制があったから

一番の理由は、古着転売で実際に書類送検された人がいるからです。

有名ブランドのコムデギャルソンの元社員が、古着を仕入れて無許可で転売したところ、書類送検されたニュースです。

このニュースだけを見ると、「古着を販売して逮捕された」ということしか印象に残らないので、「古着転売=違法」という認識になってしまうわけです。

ただ、ルールを守って転売すれば、古着転売が違法になることはありません!そのため、古着転売をする場合は、法律を守りながら仕入れることをおすすめします!

古着転売が違法になるケースを紹介!

古着転売は、基本的に違法になることはありませんが、仕入れる商品や状況によっては違法になるので注意しましょう。違法になるケースをそれぞれ紹介すると、以下のとおりです。

古着転売が違法になるケース

  • 古物商許可証なしに販売した:古物営業法違反
  • 偽ブランド品を販売した:商標法違反
  • ブランド品を模造した商品を無許可で製造して販売した:商標法違反

特に、コムデギャルソンの社員も書類送検された古物営業法違反は、古着転売をする人全員に該当することです。これから、古着転売を考えている人は、必ず取得してから販売しましょう!

古物商許可証なしに販売した:古物営業法違反

古着転売をする際は、古物商許可証が必要です。これは、古着転売に限らず、中古品を仕入れて転売する場合は必要なので注意しましょう。

古物営業法では、以下のように定められています。

古物営業法で定められていること

  • 古物を営利目的で”継続的に”販売する場合に許可証が必要
  • 古物を販売することを生業にしている場合に許可証が必要

要するに、せどりをする場合は古物商許可証が必要ということです。また、古物営業法で定められている古物は、一般的な中古品の認識とは異なります。

法規制されている範囲では、仕入れ先から仕入れたものはすべて古物に該当します。例えば、家電量販店で新品の家電を仕入れたとしても、古物営業法の範囲では”古物”に該当します。

この場合、”未開封の中古品”という扱いになり、販売店を経由して仕入れた時点で古物になるので注意しましょう。

メディアによっては、「新品商品なら古物営業法に該当しないので大丈夫です!」などと誤った情報を共有しているところもあります。しかし、自社製造をしない限りは、基本的に古物営業法違反になるので注意しましょう。

また、古物商許可証の取得方法については、以下の記事で解説しているので、参考にしてくださいね!

>>せどりで古物商許可が必要なケースについて徹底解説【中古品販売の場合は必須】

偽ブランド品を販売した:商標法違反

古物商許可証を取得したとしても、仕入れる商品によっては違法になってしまいます。特に気を付けたいのが、ブランド古着を仕入れる場合です。

市場に出回っているブランド古着のなかには、商標権を侵害した偽物が販売されています。これまでリサーチしてきたなかで多かったのは、以下のブランドです。

偽物が多かったブランド古着一覧

  • Supreme
  • BALENCIAGA
  • GUCCI
  • LV
  • CHANEL
  • LV

人気があるブランドは、よく偽物が製造されているイメージです。基本的には、新品コンディションで出品されていますが、その商品を購入した人が偽物だとわかって再出品するケースも少なくありません。

この場合、偽物だとわからずに仕入れて販売した場合でも、商標法違反で逮捕されてしまいます。悪質性が認められた場合は、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金が科せられます。

最近では、メルカリでよく偽ブランド品が販売されている印象です。知識がない人は、価格帯が安いと思って仕入れる人もいると思います。

仮に、その商品を転売して、購入者が鑑定に出して偽物だと発覚した場合、被害届を出される可能性もゼロではありません。被害届が受理されると、逮捕される恐れがあるので、仕入れる際は注意しましょう。

ブランド品を模倣した商品を無許可で製造して販売した:商標法違反

偽ブランド品の販売は、商標法で規制されていますが、オリジナル商品・パロディ商品の販売も禁止されています。現在、市場に出回っている偽ブランド品は、大きく分けて2つあります。
(具体的には以下のとおり)

市場に出回っている偽ブランド品の種類

  • ブランド品をコピーした偽物
  • 市場に出回っていない商品を一から製造した偽物

コピー品はさきほど紹介したとおりですが、市場に出回っていない商品については、オリジナルで製造されています。

例えば、こちらの商品。LVのモノグラムのバッグに、スヌーピーがプリントされています。

過去にLVとスヌーピーがコラボした事例はなく、パロディ作品だとわかります。仮に、このような商品を仕入れて転売した場合も、商標法違反に問われるので注意しましょう。

この辺も、知識を身に着けておけば、仕入れることもないので事前に身に着けておくことが大切です。

古着の販売が販売先で違反になるケースは?

古着の販売は、基本的に古物商許可証を取得すれば違法にはなりません。
(偽物などを仕入れない限りは)

しかし、違法にはならない商品でも、販売先で”違反”になるケースはあるので注意しましょう。具体例を挙げると、以下のとおりです。

古着の販売が販売先で違反になるケース

  • 無在庫転売
  • 外部サービスに誘導した
  • 複垢を所持した

法律的には問題ありませんが、販売先(主にメルカリ)で規制されていることなので注意しましょう。抵触してしまうと、アカウントが削除される可能性もあるので要注意です。

無在庫転売

メルカリでは、無在庫転売が全面的に禁止されています。無在庫転売とは、在庫がない状態で仕入れることを指します。

簡単に流れを説明すると、以下のとおりです。

無在庫転売の流れ

  1. 商品を販売する
  2. 販売した商品が売れる
  3. 商品を仕入れる
  4. 商品を発送する

本来、手元に在庫がある状態で販売をしますが、無在庫転売の場合は在庫がない状態で出品します。そして、商品が売れたら仕入れをするような流れです。

メルカリに限らず、ラクマやヤフオク、Amazonでも無在庫転売は禁止されています。理由は複数ありますが、トラブルに発展しやすいからです。

無在庫転売のよくありがちなトラブルは、以下のとおりです。

【無在庫転売のトラブル一覧】

  • 購入された商品が仕入れられない
  • 発送が遅れる
  • 商品が用意できない

何かと迷惑がかかる転売なので、どの販売先でも規制しているケースがほとんどです。ちなみに、無在庫転売をしているのがバレると、メルカリではアカウントが停止します。

状況次第では、即垢バンしてしまう可能性があるので注意しましょう。

補足:メルカリで無在庫転売ができるケース

メルカリでは、基本的に無在庫転売が禁止されていますが、ハンドメイド品を販売するのみ、特定の条件を満たせば無在庫転売ができます。

条件を簡単に説明すると、以下のとおりです。

ハンドメイド品が無在庫転売できるケース

  • 試作品の販売ページを立ち上げる
  • 試作品の商品画像を掲載する
  • 商品説明文に試作品の記載をする

この条件を満たせば、手元に在庫がない状態でも販売ができます。しかし、ほかの商品ではできないので注意しましょう。

あくまでも、オリジナル製造ができるハンドメイド品のみです。

外部サービスに誘導した

メルカリでは、商品を販売する際に、外部サービスに誘導するのは禁止されています。これは、メルカリの手数料が関係しています。

メルカリは、商品を販売する際に10%の手数料がかかります。10,000円の商品を販売すると、1,000円の手数料がかかる仕組みです。

販売価格が高ければ高いほど、手数料の負担は大きいです。そのため、少しでも手数料をカットするために、外部サービスに誘導する人も少なくありません。

コメントで誘導するケースや、取引画面で誘導するケースまでさまざまです。なかには、直接取引に持ちかける人もいます。

こちらは、ラクマでもヤフオクでも禁止されていることで、誘導した時点で垢バンされるので注意しましょう。

複垢を所持した

メルカリでは、複垢の所持が禁止されています。規約に違反する行為なので、所持するのは控えましょう。

ただ、近年メルカリでは電話番号認証を登録の際に必須にしたので、複垢の作成が厳しくなりました。複垢を作る場合は、複数の電話番号が必要になります。

PHSの番号や、無料取得した番号では作成できないので要注意です!そもそも、メルカリで複垢を所持するメリットはそこまでありません。

そのため、一つのアカウントで運用しましょう!

まとめ【古物商許可証なしの販売は違法になる!】

古着転売は、普通に販売する分には違法になりません。しかし、古物商許可証を取得せずに販売すると違法になるので注意しましょう。

逮捕事例や書類送検された事例もあるので、注意したいところです。

ちなみに、古物商許可証を取得せずに販売した場合は、以下のような罰則が科せられます。

古物営業法違反の罰則

  • 罰金刑:100万円以下の罰金
  • 懲役刑:3年年以下の懲役

古物商許可証さえ取得すれば、自由に販売ができるため、必ず取得しましょう!

Amazon商品のリサーチ・分析するなら「ERESA(イーリサ)」!

Amazon.co.jpで販売されている2400万以上の商品データ(出品者、価格、ランキング推移など)が無料で見放題!

 

\1分で完了!/

無料会員登録はこちら

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!