\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

amazonのカートボックスとは?獲得率を上げる方法を徹底解説!

【PR】

amazonで販売する際に、もっとも重要になってくるのがカートの獲得です。カート獲得は、売り上げに直結する部分なので、対策をしたうえで獲得していきたいところです。

しかし、獲得の具体的な方法がわからない人もいると思います。そこで今回は、amazonで商品を販売した際に、カートを獲得する方法を紹介します!

イーリス
イーリス
カート獲得ができる商品のリサーチ方法も紹介するので、併せて参考にしてくださいね!

【この記事をまとめると】

amazonでカートを獲得する要件!

  • 出品者のパフォーマンス指標
  • 商品の取引数・販売実績
  • 大口出品で販売している

amazonでカート獲得が重要な理由!

  • 商品の売り上げに直結するから
  • ライバルと差をつけた仕入れができるから

amazonでカートを獲得するための対策!

  • 大口プランに切り替える
  • 販売実績を増やす
  • プライム便発送を活用する
目次

amazonでカートを獲得するには?要件を徹底解説!

amazonせどりをするなら、カート獲得率を重視したいところです。ちなみに、カートが獲得できたら、amazonでは以下のような表示になります。

Amazonが公式が販売していても、セラーとしての評価が高い場合は、カートが獲得可能です。上記の商品の場合、個人のセラーが獲得しています。

また、amazonでは公式でカート獲得の要件を公開しています。
(具体的には以下のとおり)

amazonでカートの獲得をする要件

  • 出品形態:大口出品である必要がある
    ※小口出品はカート獲得の対象外
  • パフォーマンス指標:注文不良率・キャンセル率・出荷遅延率で判断
  • 注文数:一定の注文数を満たしている必要がある
    (販売実績に直結している)
  • FBAを利用しているかどうか
    →直接的な要因ではないがFBAを利用しているセラーのほうが上がりやすい

引用:ショッピングカートボックス利用資格あり

大前提として、amazonでカートを獲得する場合は、大口出品に登録している必要があります。その他の要件を満たしても、小口出品の場合はカートを獲得できないので注意しましょう。

また、パフォーマンス指標や販売実績なども、カートを獲得する要因の一つです。

イーリス
イーリス
健全に商品を販売していて、販売実績がある程度あるアカウントなら、カートを獲得できる可能性があります!

amazonが提唱するショッピングカート獲得の方法!

amazonでは、公式サイトでショッピングカート獲得の方法を提唱しています。それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

amazonが提唱するショッピングカート獲得の方法

  • 競争力がある価格設定にする
  • プライム便発送やは配送料無料を提供する
  • 優れたカスタマーサービスを提供する
  • 在庫を切らさない

これらの方法を意識すると、ショッピングカートを獲得できる可能性があります。少しでも、カート取得率を上げるためにも、それぞれ意識するとよいでしょう。

競争力がある価格設定にする

amazon公式では、カート取得に際して、競争力がある価格設定を推奨しています。公式サイトの規約を引用したので、わかりづらい人もいると思いますが、適正価格で販売しているかどうかがカートを獲得できるかのカギです。

amazon公式サイトでは以下の手順で、確認する方法を推奨しています。

amazonが推奨する適正価格の確認方法

  • 価格設定管理ページでカート獲得価格を確認する
  • 価格設定ダッシュボードで確認
  • 出品コーチレポートで価格を見直しする

上記のデータは、市場分析ツールで確認できます。それこそ、当編集部でも使っているERESAでも確認できる項目です。

商品をリサーチすると、コンディション別の価格帯が出てきますが、ここでいう”競争力のある価格”とは、カートの項目の価格のことです。
(上記の商品だと8,299円が適正価格です)

価格帯以下でもカートが獲得できますが、できれば±500円程度が理想です。

イーリス
イーリス
明確な基準はありませんが、安いとカートを獲得しやすいイメージです!

プライム便発送や配送料無料を提供する

amazonでは、カート獲得に際してユーザビリティを推奨しています。この場合、ユーザビリティとは快適に購入できるかどうかを指しています。

amazonが推奨する方法は、以下のとおりです。

amazonが推奨している販売方法

  • 配送オプションの設定
  • 配送料無料
  • ポイントの設定

これらの商品は、いずれもカートボックスを獲得する可能性があると明記されています。amazonは、セラーよりも購入者に対して優遇しているケースが多いです。

プライム便発送の場合は、送料が無料で最短翌日に商品が発送されます。そのような商品は、ユーザービリティがよいと判断され、カートを獲得できる可能性が高いです。

優れたカスタマーサービスを提供する

カートを獲得するかどうかは、後述する”パフォーマンス指標”にも大きく影響しています。amazonが定めるパフォーマンス指標には、以下が挙げられます。

amazonが定めるパフォーマンス指標について

  • 注文不良率
  • キャンセル率
  • 出荷遅延率

これらの指標をもとに、カート取得率を決めます。健全に商品を販売していれば、問題ありません。

アカウントの健全性については、各種セラーセントラルでも確認できるので、それぞれチェックしておくとよいでしょう。

在庫を切らさない

当たり前の話ですが、商品在庫がない場合はショッピングカートを獲得することは困難です。そのため、商品を仕入れる際は在庫を切らさないようにしなければなりません。

特に、新品商品を販売している場合は、縦積みができる可能性が高いため、売れる商品なら仕入れていくとよいでしょう。しかし、中古商品の場合は、現実的に在庫を獲得できません。

その場合は、ほかの要件を満たしてカートを獲得することが大切です。

これまで紹介したのは、あくまでもamazonが推奨する”カート獲得の目安”であり、必ずしも満たしている必要はありません。

すべて満たしていたほうが、カートをを獲得しやすいのは事実ですが、それ以上に適切な価格で商品を販売することが大切です。

イーリス
イーリス
販売実績を積んで、適切な価格で販売すると、カートも獲得しやすいですよ!

amazonでカート獲得が重要な理由!

amazonせどりをする場合は、カート獲得が重要になってきます。理由は複数ありますが、具体的には以下のとおりです。

amazonでカートの獲得が重要な理由

  • 商品の売り上げに直結するから
  • ライバルと差をつけた仕入れができるから

もっとも、amazonでカートを獲得できると、売り上げに直結する可能性が高いです。商品の価格帯にもよりますが、適正な価格だった場合は購入につながります。

ほかのセラーに比べると、圧倒的に商品が売れやすいのでそれぞれ意識するとよいでしょう。

商品の売り上げに直結するから

amazonでカートの獲得をすると、商品の売り上げに直結します。ユーザーニーズを考えるとわかりますが、amazonで商品を検索して購入するユーザーは、以下の二つのニーズに分けられます。

amazonのユーザーニーズ

  • 新品商品が購入したい
  • 少しでも安く商品を購入したい

前者の場合、カートを獲得している商品を購入する可能性が高いです。しかし、少しでも安く商品を購入したい人は、中古の商品を購入します。

その場合、”出品商品一覧ボックス”から商品を選んで購入する可能性が高いです。amazonのユーザーニーズについては諸説ありますが、基本的にカートとして表示されている商品を購入する割合のほうが高いとか。

また、カートを獲得している商品は、適正価格かつ販売実績が高いセラーが獲得できます。運営も「このセラーなら安心ですよ!」と紹介しているため、売り上げに直結するわけです。

ライバルと差をつけた仕入れができるから

amazonでカートを獲得すると、商品の売り上げが伸びます。そのため、ライバルと差をつけた仕入れ・販売が可能です。

商品にもよりますが、amazonには多くのライバルが存在します。そのような市場で戦っていくためには、以下の方法が必要です!

ライバルが多い市場で戦っていくための方法

  • カートを獲得する
  • マイナーな商品を仕入れてコツコツ稼ぐ
  • メーカー仕入れをして独占して販売する
  • OEM・ODMをして独占販売をする

いずれもおすすめですが、再現性が高く稼げるのはカートを獲得する方法です。その他の方法は、稼げることは確かですが、工数がかかります……。
(それに初心者には不向きな方法です)

イーリス
イーリス
カートが獲得できる商品は、ERESA PROを使うと簡単にリサーチできます!

amazonでカートを獲得するためにできる具体的な対策!

amazonでカートを獲得するためには、それぞれ対策があるのでしっかり把握しておきましょう。複数の対策がありますが、具体的には以下のとおりです。

amazonでカートを獲得する対策

  • 大口プランに切り替える
  • 販売実績を上げる
  • amazonポイントに注目する
  • プライム便発送を活用する
  • FBA納品をする

これらの対策をすると、amazonでカートが獲得しやすくなります!ライバルと少しでも差をつけるためにも、それぞれ対策をしましょう!

大口プランに切り替える※小口出品にはカート獲得の要件なし

大前提として、amazonでカートを獲得するためには、大口出品に登録する必要があります。大口出品とは、amazonが提供する販売プログラムの一つです。

月々4,900円程度の料金がかかりますが、商品が無制限に販売できたり、スポンサープロダクト広告が出稿できたりと何かと便利です。

また、カテゴリの制限なく出品できるのも大口出品のメリットです。基本的に、amazonせどりをしている人は、大口プランを利用しています。

さらに、カートを獲得をするためには、大口出品の必要があります。こちらは、amazonが公表していることで、小口出品はカート獲得の対象外です。

月々の負担はありますが、カートを取得できることを考えると、安い出費です!そのため、カートを獲得したいなら、まずは大口出品に登録するところから始めましょう!

販売実績を上げる

amazonでのカート取得率には、販売実績が多く関係しています。商品の販売実績がない人に比べると、ある人のほうが圧倒的にカート取得率が高いです。

そのため、最初のうちはなかなかカートが獲得できない日々が続きます。それでも、価格差がある商品を仕入れてコツコツ販売すると実績も積めます。

ちなみに、販売実績を上げるなら、以下の方法がおすすめです!

amazonで販売実績を上げる方法

  • 競合よりも価格帯を安く設定する
  • 需要がある商品を仕入れる
  • マイナーな商品を仕入れる

最も再現性があるのは、競合よりも安い価格帯で商品を販売することです。仕入れ値にもよりますが、商品を出品した時点でカートを獲得している商品よりも、安い価格で販売すると売れやすくなります。

例えば、カート獲得の商品が10,000円で出品しているとします。仕入れ値にもよりますが、9,000円台に下げられるなら値下げするとよいでしょう。

値下げした時点で、カートが獲得できる可能性があります。仮に、カートが獲得できないとしても、同じコンディションの商品で、少しでも安い商品があればユーザーは後者を購入します!

最終的には、商品が購入されるため、可能な範囲で値下げしていきましょう。

Amazonポイントに注目する

amazonでは、購入に際して付与するポイントについても、カートを獲得する要因にしています。少しでもお得に、ユーザーに対してショッピングをしてもらうことが運営の目的です。

そのため、amazonで商品を販売する際は、ポイントについても注目しましょう!

ポイントの割合は商品によってさまざまですが、セラーページで自由に設定できます。しかし、ポイント倍率を設定すると、売上金からポイント分が差し引かれるようになっています。

実質、値下げと手法は変わりませんが、商品をお得に販売することに変わりはありません!

そのため、カートを獲得する場合は、値下げ+ポイント付与を活用していきましょう!

プライム便発送を活用する

amazonでは、商品が購入されてから到着するまでのリードタイムも、カート獲得の指標の一つにしています。そのため、商品が購入されてユーザーに届くまでの日数が、早ければ早いほどカートが取れるようになります。

たしかに、ユーザーからすると、購入した商品はいち早く手元に欲しいと思います。その際、セラーができる対策はプライム便を活用することです。

プライム便とは、FBA納品をしている人が対象の、即日配送サービスです。プライム便を利用すると、以下のメリットが受けれます。

プライム便を利用するメリット

  • 配送料がかからない
  • 最短翌日に商品が届く

ユーザーからすると、自己配送の商品を購入するよりも、プライム便発送の商品を購入したほうが、圧倒的にお得です。そのため、運営も出品する際にプライム便を推奨しています。

ユーザビリティをよくするためにも、プライム便発送は積極的に活用していきましょう!

FBA納品をする

Amazonせどりをするなら、FBA納品することも増えてきます。FBAとは、Amazon公式が提供している代行サービスのことを指します。

指定の手順で商品をAmazonに発送することで、発送代行をしてくれるというサービスです。こちらのサービスを活用すると、以下のようなことをしてくれます。

FBAでおこなっていること

  • 商品が売れた後の梱包代行
  • 発送代行
  • 購入者のアフターフォロー
  • ラベルの貼り付け※別料金

リサーチや商品の登録については自分でおこなう必要がありますが、それ以外の作業はすべてAmazonが代行して請け負ってくれます!

商品が売れると、代わりに梱包して発送してくれるのがFBAです!自分で作業して発送するよりも効率的なので、利用しましょう!

また、FBAを利用すると、ユーザビリティが上がるため、カートが獲得しやすくなります!

amazonでカート獲得率をリサーチできるツールはある?

カート獲得率は、基準を満たしたとしても、必ず取得できるわけではありません。商品によっては、取得できない可能性があります。

そのため、事前に商品をリサーチしたうえで、カートが獲得できるか判断する必要があります。そこでおすすめしたいツールが、ERESA PROです!

ERESA PROでは、商品を検索するとカート獲得率をリサーチできます。

こちらが、カート取得率です。セラー別で、カート取得率が表示される仕組みで、それぞれ割合が表示されています。

上記の取得率の場合、個人セラーが3人カートを獲得しているというデータなので、商品を仕入れたところで、カートが取得できる可能性が高いです。
(価格設定が重要になってきます)

しかし、以下のような取得率の場合、カートを獲得するのは困難です。

カートを取得している47%はAmazonで、40%がカート未取得者です。
※カート所得者なしはプレ値販売・在庫切れ商品によく現れます

ERESA PROのカート取得率は、直近三ヵ月のデータを参照にしています。そのため、過去3ヵ月間で個人セラーがカートを取得した確率は、わずか8%です。

イーリス
イーリス
この場合、個人セラーがカートを獲得するのは不可能です!個人セラーが多い商品を仕入れたほうが吉ですよ!

amazonでカートが取れる商品のリサーチ手順!

amazonせどりで稼ぐためには、カートが取れる商品をリサーチしなければなりません。しかし、リサーチをしようと思っても、何から始めればいいのかわからない人も多いと思います。

仮に、カートが取れる商品をリサーチしたいなら、以下の手順で進めましょう。

amazonでカートが取れる商品のリサーチ手順

  1. ERESA PROを使って商品を調べる
  2. カート取得率を確認する
  3. amazonの商品ページをチェックする

この流れで進めると、効率よくカート取得率が高い商品を見つけられます。Amazonせどりで稼ぎたいと思っているなら、それぞれ意識するとよいでしょう。

1.ERESA PROを使って商品を調べる

まず、カート取得率を調べるためには、ERESA PROを使って商品を調べる必要があります。ERESA PROでは、詳細検索としてさまざまな条件を設定できます。

amazonで売れているカートが取得しやすい商品を仕入れる場合は、以下の条件で設定しましょう。

カートが獲得しやすい商品が見つかる条件

  • 売れ筋ランキング:10,000~30,000位
  • カート:任意で設定
  • 新品(Amazonから発送):カートで入力した価格を入力
  • 中古(倉庫から発送):新品よりも若干値下げして設定
  • カテゴリ:調べたい商品のカテゴリを検索する

こちらの条件で検索すると、Amazonでカートを獲得している商品が一覧で出てきます。今回は検証のために、おもちゃカテゴリで以下の条件を設定して検索しました。

【今回検索した条件】

  • 売れ筋ランキング:10,000~30,000位
  • カート:5,000~20,000円
  • 新品(Amazonから発送):5,000~20,000円
  • 中古(倉庫から発送):3,000~15,000円
  • カテゴリ:おもちゃ

こちらの条件で検索すると、おもちゃカテゴリで10,000~30,000位以内の、指定価格でカートが取れている商品が出てきます!実際に検索すると、以下の結果が出てきました!

高いランキングの商品なので、それなり需要がある商品が表示されています。ここから、カート取得率をチェックして仕入れる商品を見つけていきましょう!

2.カート取得率を確認する

ERESA PROで商品を検索したら、カート取得率を確認していきます。商品をページを開くと、”カート取得率”というタブがあるので、そちらをクリックしましょう。

すると、このようにカート取得率が出てきます。この商品の場合は、わずか二人のセラーしかいないので、仕入れ対象にしたい商品です。

しかし、これだけで判断するのは早く、Amazonの商品ページで以下の点を確認しなければなりません。

カート取得率で出品者が少ないときに確認したいこと

  • メーカーが販売していないかチェックする
  • 独占仕入れで販売していないかどうか

詳しいチェック方法については後述しますが、メーカー直販の商品の場合は、仕入れたところでカートが取得しづらいので注意しましょう。

また、以下のような商品も、カート取得率は悪いです。

 

【Amazonがほとんどの割合でカートを獲得している商品】

【カート獲得のセラーが多すぎる商品】

いずれもライバルが強力なので、価格差がある販売をしない限りは、カート取得はできません。そのため、ライバルが少なく、無理なくカートが取得できそうな商品を仕入れていきましょう!

3.amazonの商品ページをチェックする

カート取得率をチェックしたら、amazonの商品ページをチェックしましょう。

商品の仕入れを検討しているなら、以下の点はチェックしたほうが吉です。

amazonの商品ページでチェックすること

  • プライム便販売の数
  • ストアフロント※出品数が少ない場合

例えば、10人のセラーが商品を販売しているとして、そのうち2人しかプライム便発送を選択していない場合は、実質ライバルは2人しかいないことになります。
(カート取得対象者が2人なため)

そのため、まずはセラーの一覧から、プライム便を選択している人をチェックしましょう。

また、カート取得者が1~2人のような商品を仕入れる場合は、ストアフロントもチェックしましょう。Amazon公式が販売していない商品で、出品者が極端に少ない商品の場合は、メーカー直販の可能性があります。

先ほど紹介したこちらの商品ですが、ストアフロントを見ると、メーカーが直販している商品でした。売れ行きがよい商品で、仕入れ対象になりそうな商品でしたが、ライバルが強力すぎるのでスルー対象となりました。

しかし、極端にライバルが少ない商品でも、個人セラーのみが出品している商品もあるので、そのような商品は積極的にリサーチしましょう!

イーリス
イーリス
出品者が少ない商品は、仕入れ価格次第でカートが簡単に獲得できます!

まとめ【amazonのカート獲得は超重要!】

amazonでせどりをする場合は、カート獲得が非常に大切です。カートを獲得しないことには、商品が売れませんからね!

あらためて、amazonがカートの獲得で定めている要件を紹介すると、以下のとおりです。

amazonがカートの獲得で定めている要件

  • 大口出品に登録していること
  • パフォーマンス指標に傷がないこと
  • 販売実績があること
  • FBAを利用している

この要件に満たしている人のみ、カートを獲得できます!一部に満たさなくても獲得できますが、大口出品への登録は大前提です!

そのため、amazonでカートを獲得したいと思っているなら、大口出品に登録しましょう!また、カート獲得がしやすい商品のリサーチについては、ERESA PROがおすすめです!

amazonせどりのリサーチに役に立つので、気になる人は登録を検討してくださいね!

※ERESA PROのお申し込みはこちら!

Amazonでのリサーチ・分析作業を10分1に大幅短縮!

\1週間無料でお試し頂けます!/

詳細&申し込みはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ 1分で完了! /

この記事を書いた人

【ERESA(イーリサ)とは?】

ERESAはAmazonで販売されている2400万以上の商品のリサーチ、分析が瞬時にできる無料ツールです。(詳しくはこちら)。日々、EC業界の拡大に貢献するべく多方面で情報配信中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次