唯一無二のAmazon市場分析ツール 「ERESA(イーリサ)」の公式ホームページになります。

amazonでd払いができない!原因と対策を紹介!

  • 2021年7月1日
  • 2021年7月8日
  • コラム
  • 150view

「amazonでd払いができないことはある?」

「amazonでd払いができない理由は?」

この記事は、このような悩みを解決しています♪

 

amazonには、豊富な支払い方法が用意されており、そのなかの一つとして携帯払いがあります。

携帯料金と一緒に決済できるため、便利な支払い方法として人気があります!

しかし、一部では「amazonでd払いができない!」という声も上がっています。

 

イーリス
イーリス
今回は、amazonでd払いができない理由や対策を紹介します!商品を携帯払いで購入しようと思っている人は必見です!

 

よくわかる解説

  • ドコモユーザーしかd払いできない
  • キャリア側の設定も関係している
  • 商品によってはd払いでの決済ができない

amazonでd払いができない!理由を徹底解説!

amazonには、複数の支払い方法が存在し、d払いもその一つです。

しかし、d払い単体が支払い方法としてあるわけではなく、携帯決済の一つとしてd払いが存在します。

携帯料金に合算して支払いができることから、何かと便利な支払い方法ですが、d払いができないという人もいるそうです……。

 

理由は複数存在し、主に以下が挙げられます。

 

amazonでd払いができない理由

  • ドコモユーザーではないから
  • ドコモで携帯料金合算払いにしていないから
  • 購入する商品がそもそもd払い対応ではないから
  • ドコモ側の設定に問題があるから

 

よくありがちなのが、購入商品がd払い対象ではないこと。

換金性が高いものは、基本的にd払いできないので注意しましょう!

 

イーリス
イーリス
Amazonギフト券などの金券が対象で、いずれもd払いできません!

ドコモユーザーではないから

大前提として、Amazonでd払いをする場合は、ドコモユーザーに限ります。

d払いを選択しようと思っても、認証画面から設定できないのは、この理由が大きく関係しています。

ドコモの公式ホームページでは、Amazonでd払いをする際の条件が記載されていました。

 

【Amazonでd払いを使うための条件は?】

まず、Amazonでd払いを使えるのは、ドコモの携帯を持っている方のみとなっています。

ただ、Amazonでd払いを利用する場合、設定できる支払い方法が現在は電話料金合算払い(※1)のみになります。

Amazonでd払いを使うには、
・ドコモの携帯であること
・d払いの支払い方法を“電話料金合算払い”にしていること

引用:d払い(Amazonでd払いを使うための条件)

 

このことからわかるように、Amazonでd払いは、ドコモユーザーしか使用できません。

ただ、Amazon以外では、特定の条件があれば、ドコモユーザー以外でもd払いができるようです。

 

dアカウントとクレジットカード(※1)があれば、誰でも使うことができますよ。

引用:ドコモ以外の人でも使えるd払い

 

d払いの公式ページでは、このように解説されていました。

dアカウントは、メールアドレスがあれば誰でも登録できますからね!

しかし、Amazonでd払いを利用する場合、”携帯料金合算払い”のみでしか支払いができないため、ドコモユーザーに限ります。
※厳密には”ドコモ回線を持っていてspモードの契約をしているユーザー

 

そのため、dアカウントに登録していて、d払いが選択できない場合は、そもそもドコモユーザーではない可能性があります!

この場合、対応機種に合わせた支払い方法を設定しましょう!
(例:auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いなど)

ドコモで携帯料金合算払いにしていないから

先ほども触れたように、Amazonでd払いができるのは、ドコモユーザーで携帯料金合算払いを設定している人のみです。

仮に、キャリア決済の支払い方法を、ドコモ口座引き落としに設定している場合は、d払いができないので注意しましょう!

ちなみに、携帯料金合算払いとは、d払いで利用した支払いを携帯料金と合わせて差し引くことを指します。

 

 

ドコモユーザーの人は、My docomoにログインすると、支払い方法の設定ができます。

”料金関連サービス”という項目では、支払いに関する設定が可能です。

 

 

そのなかで、”d払い(携帯料金合算払い)”という項目を開いて、画像のように利用可能になっていなければ、amazonでも利用できません。

この設定は、ドコモ側で簡単にできるため、利用する場合は手続きを進めましょう。
(設定したその日から利用できます!)

 

イーリス
イーリス
ちなみに、d払いを利用する設定にすれば、クレジット決済や口座引き落としも自動で利用可能になります!

購入する商品がそもそもd払い対応ではないから

ドコモユーザーで、d払いの支払い方法を”携帯料金合算払い”にしているのに、支払いができない場合は、購入商品がd払いできない可能性があります。

amazonでは、一部換金性が高い商品の支払い方法を限定しています。

これは、d払いに限らず、ほかのキャリア決済も同様です。

 

具体的に購入できない商品は、以下のとおりです。

 

d払いで購入できない商品

  • Amazonギフト券
  • デジタルコンテンツ※Kindle以外
  • プライムナウの商品
  • Amazonフレッシュの商品
  • Amazon Pay利用料金の支払い
  • 定期便の支払い

 

特に、キャリア決済の限度額を現金化しようと、Amazonギフト券を購入しようとする人が増えています。

少なくとも、amazonではその方法が利用できないので注意しましょう!

 

イーリス
イーリス
Amazonギフト券を購入する場合は、クレジットカードに限ります!

ドコモ側の設定に問題があるから

d払いをする場合は、携帯料金合算払いにする必要があります。

しかし、合算払いで利用できる限度額はそれぞれ決まっています。

ドコモが設けている基準を説明すると、以下のとおりです。

 

ドコモが設けている合算払いの設定基準

  • 19歳以下:月1万円まで
  • 20歳以上:月1万円~10万円

 

20歳以上の場合は、ドコモの契約年数や、支払いを延滞なく継続しているかによって、設定できる利用限度額が異なります。

詳しく説明すると、以下のようになっています。

 

【携帯料金合算払いの限度額推移】

  • 19歳以下
    →一律月10,000円
  • 20歳以上かつ1~3ヵ月契約継続
    →月10,000円まで
  • 20歳以上かつ4ヵ月~2年契約継続
    →月30,000円まで
  • 20歳以上かつ2年以上の契約継続
    →月50,000円、月80,000円、月100,000円から選択できる

 

つまり、ドコモで2年以上契約していれば、最大で100,000円まで合算払いを利用できることになります!

ここで注意したいのが、合算払いはamazonのみの支払いではないこと。

ソシャゲの課金や、コンビニの支払いなどでd払いを利用した場合は、そちらも合算されて請求されます。

 

例えば、30,000円を上限に設定していたとして、別の支払いでd払いを15,000円分利用しているとします。

その状態で、amazonで16,000円分をd払いしようと思っても、限度額不足でできないので注意しましょう!

補足:d払いで限度額が上げられない理由は?

d払いは、契約年数に応じて限度額の引き上げができます。

しかし、変更しようと思っても、以下の画面が出る人がいると思います。

 

 

ちなみに、私はドコモを契約して11年以上経過する超ヘビーユーザーです。

それでも、限度額があげられないのは、以下の理由が関係しています。

 

d払いで限度額が上げられない理由

  • 毎月の支払いを数回延滞した
  • 契約名義が法人
  • 電話料金合算払いを停止している
  • 携帯料金合算払いの合計料金が上限に達している

 

このほかにも、上限を変更できない理由は複数存在します。

d払いで商品を購入したいと思っていても、なかなか限度額が上げられない場合は、一度上記の理由に該当していないか確認しましょう。

amazonでd払いをする方法・設定手順を紹介!

amazonでd払いを利用する場合、所定の手順で設定しないと利用できません。

仮に、d払いを利用する場合は、以下の手順で設定しましょう!

 

amazonでd払いを利用する手順

  1. amazonの支払い方法の管理でd払いを選択
  2. dアカウントにログインする
  3. 承諾完了後にd払いが追加される

 

設定をするには、ドコモ契約をしたスマートフォンが必要です!

設定は、Amazonとドコモ側の二つでおこなうので、それぞれ設定しましょう。

1.amazonの支払い方法の管理でd払いを選択

まず、amazonでd払いの設定をするなら、amazonを”スマートフォン”で開く必要があります。

支払い方法の設定自体は、パソコンからもできますが、携帯決済の設定をしようとすると、エラー画面が表示されます。

 

そのため、d払いの設定をするなら、スマートフォンでamazonを開きましょう!

アカウントにログインしたら、以下の手順で支払い方法の設定画面を開きます。

 

支払い方法の設定画面の開き方

  1. ハンバーガーメニューをタップ
  2. アカウントをタップ
  3. お客様の支払い方法をタップ

 

すると、amazonに設定している支払い方法が出てきます。

まず、左上にあるハンバーガーメニューをタップして、アカウントをタップしましょう。

 

 

こちらをタップすると、各種アカウントの設定ができます。
※必要に応じて再ログインが必要

アカウントをタップしたら、”お客様の支払い方法”という項目があるので、こちらをタップしましょう。

 

 

こちらでは、amazonの各支払い方法が閲覧できます。

私はクレジットカードを複数枚と、d払いを登録しています◎

 

 

認証前までd払いを支払い方法に追加しているので、既存の支払い方法としてd払いが表示されています。

まだ追加していない人は、”支払い方法の追加”をタップして、携帯決済を選択しましょう。

 

 

タブをタップすると、各種携帯払いが選択できます。

今回は、d払いの設定をしたいので、d払いを選択しましょう。

2.dアカウントにログインする

d払いを選択して、続行ボタンを開くと、dアカウントのログイン画面が開きます。

私は、すでにアカウントにログインしていたので、amazonの認証画面が開きました。

 

 

すると、”随時決済利用承諾”という画面が開きます。

簡単に説明すれば、”amazonの支払いでd払いを許可しますよ”という認証画面のことです。

設定内容に問題がなければ、パスワードを入力して、承諾を完了させましょう!

 

 

ちなみに、d払いの設定を進める場合、モバイル回線のみでしか進められません。

Wi-Fiなどの別回線を使っているなら、一度切ってから設定しましょう。

3.承諾完了後にd払いが追加される

d払いの認証を完了させるためには、パスワードを入力する必要があります。

 

 

spモード決済をする際に入力するパスワードを入力して、承諾を完了させましょう。

ちなみに、承諾が完了すると、ドコモ側で承諾完了の画面が表示され、承諾番号が設定されます。

最後に、完了ボタンを押せば、d払いの設定は完了です!

 

 

ボタンを押したら、Amazonの各支払い方法の画面に移動します。

そこに、”docomo d払い(個人用)”が設定されていれば、今後支払いでd払いを利用可能です!

しかし、限度額以上の支払いは使えないので、決済をする際に、一度確認してから支払い手続きを進めていきましょう!

amazonでd払いができない場合の対処法3選!

amazonで、いくらd払いの設定をしても利用できない場合は、何かしらの原因があるかもしれません!

そこで、原因を踏まえたうえでの、対策も紹介しますね!

具体的には、以下のとおりです。

 

amazonでd払いができないときの対処法

  • AmazonアプリがOS対応しているか確認する
  • 購入しようとしている商品を一度確認する
  • 別の支払い方法を使う

 

amazonには、複数の支払い方法が用意されているため、わざわざd払いに固執する必要はありません!

使えるなら、ほかの支払い方法を使って決済するのもありですよ◎

 

イーリス
イーリス
Amazonでは、Paidy後払いも利用できるので、支払いを後回しにしたいならそちらを利用してもいいかもしれません

AmazonアプリがOS対応しているか確認する

Amazonには、アプリ版が存在します。

仮に、あなたが格安SIMを使って、ドコモと契約しているとします。

条件だけを見れば、ドコモと契約しているのでd払いが利用可能です。

 

しかし、使っているスマートフォンが、ハードオフやブックオフなどに販売されていた中古品を使っている場合は、OSが対応していない可能性があります。

アプリは常にバージョンアップしており、対応OSも変化しています。

 

iOS版とAndroid版のそれぞれの必要OSは、以下のとおりです。

 

Amazonのアプリで必要なOS

  • iOS版:iOS12.0以降
  • Android版:7.0以上

 

これ以下のOSを使っている場合は、Amazonのアプリが利用できません。

d払いそのものは、Webを使えばできるので問題ありませんが、アプリ版が使えないのは少し不便ですね……。

そのため、中古スマホを購入する場合は、念のためにAmazonアプリに対応しているかどうかを確認してからにしましょう!

購入しようとしている商品を一度確認する

d払いができるのは、特定の商品のみです。

通常の商品なら購入できますが、換金性が高いものや、特定の商品は購入できないので注意しましょう。

あらためて紹介すると、以下の商品はd払いができません。

 

d払いができない商品

  • Amazonギフト券
    →換金性が高いため
  • デジタルコンテンツ
    →Kindle以外のもの
  • プライムナウの商品
    →クレジットカード、デビットカードのみ
  • Amazonフレッシュの商品
    →プライムナウの商品
  • AmazonPay利用分の支払い
    →d払いのような支払い方法なため利用できない
  • 定期便の注文
    →クレジットカード、デビットカードのみ

 

仮に、購入しようとしている商品が、上記に該当している場合は、d払いできないので注意しましょう!

 

イーリス
イーリス
d払いが利用できるのは、Amazonショッピングのみです!

別の支払い方法を使う

d払いが利用できない場合は、別の支払い方法を使うのも方法の一つです。

amazonでは、d払い以外に以下の支払い方法が利用できます。

 

amazonで利用できる支払い方法

  • クレジットカード、デビットカード:前払い
  • 代引き決済:注文到着と同時に支払い
  • コンビニ払い:前払い
  • Amazonギフト券の支払い:前払い
  • Paidy後払い:後払い
  • 携帯決済:後払い

 

基本的には前払いですが、Paidyなら携帯決済同様に後払いができます!

d払いができないなら、Paidy後払いを利用するのも方法の一つです。

利用に際して審査はありませんが、会員登録をする必要があるので、事前に登録しましょう!

まとめ

amazonでは、複数の支払い方法があり、d払いもその一つです。

しかし、条件によっては、d払いができないので注意しましょう!

 

あらためて解説すると、d払いはドコモユーザーではないと使えません。

dアカウントを作成しても、携帯料金合算払いができないので、d払いは利用できません。

また、以下の条件でもd払いが利用できないので要注意です。

 

d払いが利用できない条件

  • Amazonギフト券の購入
  • 料金合算払いの限度額以上の購入
  • Amazonでd払いの設定をしていない

 

この場合は、d払いが利用できないので注意しましょう!

d払いは、支払いを一時的に後払いにできるので、せどりなどにもおすすめです◎

 

イーリス
イーリス
使える支払方法はすべて使って、せどりを効率化していきましょう!

 

最新情報をチェックしよう!