唯一無二のAmazon市場分析ツール 「ERESA(イーリサ)」の公式ホームページになります。

Amazonで危険物を申請して納品する方法は?規制がかからない方法を徹底解説!

「Amazonに危険物を納品するには?」
「Amazonに危険物を納品する際の申請方法知りたい!」

この記事は、このような悩みを解決しています♪

 

Amazonに商品を登録する際ですが、状況次第では危険物取扱の申請が必要になることがあります。

爆薬や銃火器なども危険物であるものの、実は化粧品も危険物に該当する可能性があるため、販売する際は要注意です!

今回は、Amazonで危険物を出品する際の申請方法や、商品の登録方法について紹介しますね♪

 

イーリス
イーリス
商品の送り方や、梱包方法などにも注意点があるため、そちらも押さえておきましょう!

 

よくわかる解説

  • 危険物の申請はそこまで難しくない
  • 仕入れる前に危険物かどうか確認しておくべき
  • エクセルから簡単に申請できる

Amazonが規定する危険物とは?販売できる?

Amazonには、危険物と定めている商品があります。

定義づけられているものはさまざまですが、大きく分けると以下の三つです!

 

Amazonで危険物に定められている商品

  • FBAの納品できないもの
  • 事前に申請が必要なもの
  • そもそも販売できないもの(例:爆薬、銃火器など)

 

三番目の商品は、そもそも販売できないので仕入れることはないと思います。

しかし、アルコールが入っている商品や、化粧品でも一部の商品は、危険物に該当します。

これらを知らずに、そのまま納品してしまうと、アカウントが規制される可能性があるため注意しましょう。

 

イーリス
イーリス
事前に、危険物について把握しておくと、商品を販売するときでも安心です!

AmazonのFBA倉庫に納品できない危険物一覧!

「危険物っていっても何があるの?」と思う人がいるので、該当するものをそれぞれ紹介しますね!

一応、Amazonの要件では、以下のものが危険物として認められています。

 

危険物として認められているもの

  • パッケージに以下の表記がある
    (腐食性、可燃性、刺激性、有害性、有毒、環境に有毒など)
  • 引火点が250度以下
  • スプレー缶に入っている商品
  • 圧縮されたガス※メタン、フロンなど

 

しかし、これだけを見たところで、何が危険物なのかわかりません……。

仕入れることを想定した場合、以下のような商品が主に該当します。

 

【危険物に該当する商品の例】

  • オイルライター
  • 香水
  • 接着剤※セメダインなど
  • プリンター用インク
  • アロマオイル
  • アルコール配合の化粧品・ヘアオイル
    ※グリセリンが配合しているものも

 

オイルライターに関しては、なんとなく危険そうなので仕入れないと思いますが、香水やプリンター用インクは人気のある商品です!

化粧品も同様ですが、アルコールが含まれているものは、基本的に危険物扱いになります。

詳しい内容については、Amazonの公式ページで解説されていたので、そちらも併せて確認してくださいね♪

補足:そもそもFBAに納品できない商品

Amazonには、発送の代行サービスがあります。

倉庫に商品を納品することで、商品が売れたときに梱包から発送まで代行してくれます!

FBAと呼ばれるサービスですが、危険物を納品するためには、申請と手続きをおこなう必要があります。

 

しかし、すべての危険物が、申請後に納品できるかというとそうでもありません。

そもそもAmazonに販売できないものもあるため、それぞれ押さえておきましょう。

 

該当するものが多いので、早見表を作りました!
(気になる人は以下を参考にしてください◎)

 

特性 主な商品例
爆発物・火薬類 花火、クラッカー、爆竹など
引火性ガス・非引火性ガス ヘリウムの圧縮ガス、消火器など、炭酸水用のガスカートリッジなど
引火性液体 業務用の消毒用アルコール、ペンキ、メタノール
毒物類 過酸化水素水、ヒ素、クロロホルムなど
放射線物質 ウラン鉱石、ガイガーカウンターテスト用の物質
腐食性物質 解放式、密閉式カーバッテリー、水銀式温度計
そのほか エンジン、ネジウム磁石、強い磁石

 

仕入れる可能性があるものにマークを付けましたが、基本的に仕入れない商品ばかりです。

また、1キロ以上のアルコール・エタノールが含まれる商品も、納品ができないようになっています。
(例:化粧水、美容液など)

それぞれ、FBA納品ができない商品なので、注意しましょう。

 

さすがにないと思いますが、間違えてFBA納品をしてしまうと、重大なミスを犯したアカウントと記録されてしまい、規制されてしまうことも……。

最悪の場合、アカウントが停止する可能性もあるため、注意しましょう!

Amazonで商品が危険物かどうか確かめる方法を徹底解説!

Amazonで、これから納品しようと思っている商品が、危険物かどうか確認したいなら、それぞれ方法があります!

危険物を納品しないためにも、事前に確認しておくことが重要です。

見分ける方法は複数ありますが、以下の方法がおすすめです◎

 

Amazonで商品が危険物かどうか確かめる方法

  • ASINコードチェックツールを使う方法
  • セラーアプリを使う方法

 

この二つの方法がありますが、手軽なのはASINコードチェックツールです!

コードを入れるだけで、危険物に該当するのかどうかがわかります◎

 

イーリス
イーリス
危険物を販売しないためにも、必ず事前チェックが重要です!

ASINコードチェックツールを使う方法

これから納品しようと思っている商品が、危険物かどうかチェックしたいなら、パソコン上でチェックツールを使うとよいでしょう。

使用するには、セラーセントラルにログインしている必要があります。

 

 

ASINコードチェックツールを使うと、ASINコードを入力して、その商品が危険物かどうかがわかります。

例えば、Amazonで規制がかかることがある化粧品のASINコードを入力すると、以下のような表示が出ます。

 

 

この場合、指定の申請をしないと商品が販売できないので注意しましょう。

万が一、普通に納品した場合は、返送されるだけではなく、ペナルティがかかる可能性も考えられるので要注意です!

ASINコードチェックツールのリンクは、こちらからどうぞ♪

セラーアプリを使う方法

ASINコードチェックツールを使えば、簡単に危険物かどうかがわかります。

しかし、アプリでもチェックできるので、インストールしておきましょう。

 

 

Amazonが提供している公式アプリで、セラーセントラルをスマートフォンで閲覧できます!

外出先で、情報を閲覧したいと思っている人や、店舗せどりをする際などに活躍しますよ!

このセラーアプリを使えば、商品が危険物なのかどうかがわかります!

 

方法は簡単で、調べたい商品を検索しましょう。
(出品予定の商品を調べるとよいです!)

その際、ページに赤枠で囲んでいるマークが出たら、その商品は危険物ということになります。

 

 

一般的に、これは危険物マークと言われており、Amazonで危険物に該当する商品は、このマークが必ず付与されています。

これから、Amazonに出品しようと思っているなら、危険物かどうかを確認しておくと、スムーズですよ◎

Amazonで危険物を納品する手順を紹介!

Amazonで、商品を登録する際ですが、状況次第では危険物を納品する可能性があります。

無許可で納品してしまうと、アカウントが停止する可能性があるため、必ず申請をして許可を受けたうえで、登録しましょう。

実際、危険物には、回転率が高い化粧品なども含まれていますからね!

 

解除して、販売できるようになるためには、以下の手順で進めていきましょう。

 

危険物を納品・申請する手順

  1. 事前に危険物かどうか確認しておく
  2. 危険物取扱リクエストフォームで申請する
  3. 危険物納品申請をする
  4. 納品ルールを確認する
  5. ルールを確認したうえで梱包・配送する

 

この手順で進めれば、規制がかかることはありませんし安心ですよ!

香水や化粧品などの、人気商品を出品するためにも、所定の手順で必ず申請しましょう。

1.事前に危険物かどうか確認しておく

まず、危険物申請でするべきことは、事前に危険物なのかどうか確認しておくことです。

ASINコードチェックツールを使えば、簡単に危険物かどうかが確認できます。

 

 

特に、新規開拓で化粧品や香水などを販売する際は、必ず確認しましょう!

関連性がない商品でも、一応確認しておけば、トラブルになることはありませんよ!

また、そもそもFBA納品ができないような危険な商品は、この対象からは外しましょう。

 

よほどなことがない限り、そのような商品は仕入れないと思いますが、念のための確認です。

Amazonでは、「これって危険物なの!?」という商品が、危険物認定されていることがあります。

アカウントを守るためにも、この辺の確認は必ずおこなうべきです!

 

イーリス
イーリス
特に、化粧品を販売する場合は慎重になりましょう!

2.危険物取扱リクエストフォームで申請する

販売する商品が危険物だとわかったら、危険物取扱リクエストフォームから、商品を申請しましょう。

FBA納品をする場合は、事前に申請が必要です。

ちなみに、申請から納品できるようになるまでには、1週間ほどの期間がかかってしまうので要注意です!

 

万が一、仕入れた商品が危険物で、FBA納品を検討している場合は、早めに申請しておくことをおすすめします。

商品のリクエストに関しては、以下のフォームからおこなってくださいね♪
(FBA危険物取扱リクエストフォーム)

 

 

ちなみに、危険物の納品申請リクエストができるのは、大口出品アカウントのみです!

小口出品の場合は、トークンIDが発行できないので、申請はできません。

手続きを進めていく場合は、各種同意にチェックを入れましょう。

 

 

そして、マニュアルに問題がなければ、進むボタンを押します。

この作業は、クッキーを削除しない限りは、1回設定をすればよいのでそれぞれ進めていきましょう。

3.危険物納品申請をする

内容に問題なければ、危険物申請へと進める必要があります。

ヘアオイルや化粧水を納品する場合、”引火性液体”というものに分類されます。
(アルコール・エタノールが配合されている商品は全般)

これらの商品は、納品をするたびに、危険物の申請をしなければならないので、少し手間です……。

 

引火性がある液体は、管理方法を間違えてしまうと気化しやすくなってしまい、それが影響で発火することも少なくありません。

保管している倉庫も、特定のエリアの倉庫のみでしかないので、必ず申請をしなければなりません。

 

ちなみに、危険物納品の申請をする場合は、以下の方法があります。

 

危険物納品の申請方法

  • セラーセントラルの申請方法
  • エクセルの申請方法

 

いずれも、申請手続きは変わらないので、好きなほうを選びましょう!

申請の方法については、これから紹介しますね♪

セラーセントラルの申請方法

危険物の申請は、セラーセントラルから可能です!

流れは、以下のとおりです。

 

セラーセントラルから危険物申請をする方法

  1. ヘルプページを開く
  2. サポートを受けるをクリック
  3. フォームに入力する

 

この手順で進めると、問い合わせフォームが出てきます。

問い合わせフォームが表示されたら、申請の詳細を入力しましょう。

化粧水の申請をする場合は、「引火性液体の納品リクエスト」という件名で問題ありません!

 

 

内容に入力するのは、以下のとおりです。

 

【質問の内容に入力する項目】

  • Amazonに登録したい商品のASINコードを入力
  • 商品のタイトル
  • 直近30日の販売個数
    ※まだ出品していないなら0で申請

 

この内容でメッセージを送れば、申請が完了します。

この場合、申請を出したからといって、即出品していいわけではありません。

3~4日以内に返信が来るため、許可が出た場合のみ、納品ができるようになります◎

 

イーリス
イーリス
申請をしないことには、出品ができないということですね!

エクセルでの申請方法

セラーセントラルでの申請が面倒なら、エクセルで申請するとよいでしょう。

危険物申請をすることが多い、引火性液体のフォームを紹介しますね!
(こちらのリンクからどうぞ♪)

 

 

2021年5月時点では、引火性液体の事前申請が停止されています。

既定の納品数量であれば、引火性液体でも申請なしで納品できるとのこと。

そのため、化粧水を販売することがあれば、普通に納品して問題ないということです。

 

しかし、念のために、セラーセントラルからメッセージを送っておくことをおすすめします!

気化性が高いものなので、状況次第では規制がかかることも考えられます◎

 

本来は、エクセルの専用シートに、要件を書いて提出しなければなりません!

これは、引火性液体以外でも、危険物に該当する場合は、必ず申請が必要なので注意しましょう。

4.納品ルールを確認する

申請が完了したら、3~4日ほどで連絡が来ます。

その間に、事前に危険物を納品する際のルールを確認しておきましょう。

通常の商品を登録するときよりも、危険物をFBAに納品する際は、少しルールが複雑です。

 

ルールは多いですが、それぞれ紹介しますね!

 

危険物納品のルール

  • 商品の返送・廃棄をする場合はテクニカルサポートに連絡する
  • FBAパートナーサービスは利用できない
  • 引火性液体は事前申請が必要
    ※現在は申請なしで登録できる
  • 引火性液体の納品先は狭山FCか小田原FCのみ
  • 危険物を納品するときはラベルの貼り付けが求められる
    ※詳しくは後述
  • 納品サイズは小型・標準サイズのみ
  • 通常の商品との梱包はできない
  • 衝撃吸収材は紙の梱包のみ
  • 混合在庫は納品できない

 

ルールが複雑ですが、危険物を納品するということは、これをすべて把握しておかなければなりません!

少しでも間違えてしまうと、アカウントが停止する可能性もあるので注意しましょう。

5.ルールを確認したうえで梱包・配送する

申請が完了したら、いよいよ商品を梱包して発送します!

梱包する際に注意したいのが、危険物の梱包は紙類でしかできません。

プチプチのような衝撃吸収材は、気化したときに発火する可能性があるので、使用が禁止されています。

 

そのため、新聞紙や専用の紙などで包んで、梱包するとよいでしょう。

内容に問題なければ、あとは発送するのみです!

 

イーリス
イーリス
発送のルールが少し複雑なので、この後詳しく紹介しますね!

Amazonで危険物を納品・申請する際に注意したいこと3選!

Amazonで、危険物を納品・申請をする際ですが、注意したいことがいくつかあります。

間違えた納品方法をすると、アカウントが停止してしまう可能性があるため要注意です。

具体的に注意したいことは、以下のとおりです。

 

Amazonで危険物を納品・申請する際に気を付けたいこと

  • 梱包する箱に”必ず”「危険物在中」のラベルを貼る
  • 納品できるのは小型・標準サイズのみ
  • 通常商品との同梱は不可

 

この三つは、どれも欠かせないことです。

一つでもかけて納品すると、ペナルティを食らてしまう可能性があるので注意しましょう。

梱包する箱に”必ず”「危険物在中」のラベルを貼る

危険物の申請が通り、商品を納品できる状況になったとします。

FBA納品をする場合は、段ボールに以下のラベルを貼り付けなければなりません!

 

 

このラベルを貼り付けないと、納品を受け付けてくれません。

返送されてしまう可能性が高まり、二度手間になりますよ!

ちなみに、ラベルを貼り付ける際は、以下の注意点があります。

 

ラベルを貼り付ける際の注意点

  • A5サイズ以上で貼り付ける
  • 複数の箱で納品する場合はすべての箱に貼り付ける

 

納品不備が認められた場合は、基本的に返送対応されることが多いです。

しかし、ラベルを貼り付けていないと、なかに危険物が入っているかの意思表示ができません。

さすがにありませんが、輸送方法に難があり、すでに気化が始まっていた場合、納品先でトラブルになることが想定されます。

 

イーリス
イーリス
その関係から、一発でアカウントが凍結されてしまうことも……。このことも踏まえて、必ずラベルは貼り付けるようにしましょう!

納品できるのは小型・標準サイズのみ

Amazonでは、通常商品を納品する場合、四つの発送方法があります。

それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

 

納品できるサイズ一覧

  • 小型:25×18×2センチ 250g以内
  • 標準:45×35×20センチ未満 9キロ以内
  • 大型・特大型:45×35×20センチ以上 9キロ以上
  • 小型・軽量:35×30×3.3センチ以下 950g以下

 

このように決まっていますが、危険物の場合は、小型サイズと標準サイズのみしか受け付けていません。

そのため、商品を納品する際は、段ボールの大きさをよく把握してから、納品しましょう。

小包サイズの段ボールなら、メルカリ用でコンビニなどに販売されています!

 

そちらを使って納品すれば確実なので、小物の香水や化粧品を送る場合は、そちらで対応するとよいでしょう。

通常商品との同梱は不可

危険物は、基本的に同梱が禁止されています。

通常の商品と同じように納品したい場合は、危険物は危険物で分ける必要があります。

この辺は少し複雑なので、詳しく解説しますね!

 

同梱が可能な例・不可能な例

  • 危険物(引火性液体)を複数同梱:可能
  • 危険物(引火性液体)などを複数同梱:不可能
  • 危険物と通常商品を同梱:不可能

 

できるのは、危険物のなかでも、同一の商品のみです。

危険物として認められている”ヘアオイル・化粧水”は、同梱が可能です。

しかし、ほかの危険物と同梱したり、通常商品を同梱したりは不可能です!

 

通常の商品なら、同じ段ボールに入るだけ詰め込んで納品してもOKでした。

しかし、危険物の場合、原則として一つまでと決まっています◎

まとめ

Amazonで危険物を納品する際は、申請をしなければなりません。

ここでいう危険物は、そもそも納品できないものから、納品する際に許可が必要なものに分けられます。

毒性が強いものや、爆薬などは納品できないので注意しましょう!

 

しかし、以下の商品は、物販で取り扱うことが多いので、登録をするときは事前申請が必要です。

 

危険物として認められている商品

  • ヘアオイル
  • 香水
  • 化粧水
  • 美容液

 

アルコールやエタノールが入っているものは、基本的に危険物に該当します。

ヘルビ関係は、物販で回転率・利益率ともに高い商品です。

そのため、取り扱っている人も多い商品ですが、危険物に関する申請をしておかないと、アカウントが規制される可能性があるため、注意しましょう!

 

イーリス
イーリス
正しく商品を販売して、Amazon物販で利益を出していきましょう!
最新情報をチェックしよう!