唯一無二のAmazon市場分析ツール 「ERESA(イーリサ)」の公式ホームページになります。

電脳せどりで超おすすめな有料ツールを紹介!

電脳せどりをする際、ツールを使ってリサーチをすることがあると思います。現状、無料で商品のリサーチができるのはイーリサのみで、ほかは有料ツールになってしまいます。

また、当編集部にも「有料ツールは使うべきですか?」という質問が寄せられることも多いです。

イーリス
イーリス
そこで今回は、電脳せどりで有料ツールを使うべきなのかどうかを紹介します!選ぶポイントや、基準についてを紹介するので参考にしてください!

【この記事をまとめると】

電脳せどりで有料ツールを使ったほうがよい理由

  • 無料版よりもリサーチが効率化するから
  • 不良在庫の可能性が下がるから
  • 損切をする可能性がなくなるから

電脳せどりで使えるおすすめ有料ツール!

  • ERESA PRO
  • NEWタイプデルタトレーサー
  • Keepa

電脳せどりで有料ツールを選ぶ際のポイント!

  • 目的に応じて商品を選ぶ
  • 無料版・体験版があるものを選ぶ
  • 料金面で選ぶ

電脳せどりで有料ツールは使うべき?理由を紹介!

電脳せどりには、効率化するためにツールが公開されています。無料のものもあれば、有料のものもあります。

モノレートが終了して以来、無料でリサーチができるツールは限られており、イーリサが唯一無料で使えるくらいです。ただ、有料ツールにも魅力があり、当編集部では使用をおすすめしています!

理由は複数ありますが、具体的には以下のとおりです。

電脳せどりで有料ツールを使うべき理由

  • リサーチが効率化するから
  • 損切・不良在庫のリスクが減るから

もちろん、無料版を使って利益商品が見つかるのは確かですが、それだけでは限界があります。これから、せどりの利益を拡大していきたいという人は、有料ツールの導入も検討しましょう!

リサーチが効率化するから

せどりで有料ツールを使うと、リサーチが効率化します!無料版として公開されているツールで、有料版も出している場合は、基本的に機能面がパワーアップされているケースが多いです。

当編集部でも活用しているイーリサを例に挙げると、通常版とPro版で以下のように異なります。

【通常版とPro版の違い】

機能・サービス 通常版 ERESA PRO
広告 表示 非表示
商品の詳細表示
(例:出品者数、最安値など)
各種グラフの表示
ランキング降下回数の表示
利益計算器の表示
表示されるデータベース 2,400万商品 2億7,000万
※アメリカ版8億2,000商品
絞り込み検索 ×
カテゴリランキングの表示 ×
カート取得率の表示 ×

無料版も、通常版同様に利用できますが、より効率よくリサーチがしたいなら、Pro版のほうがおすすめです!

現状、通常版のイーリサは、すでに価格差がある商品をリサーチする形で使うことが多いと思います。しかし、ERESA PROの場合は、一から利益商品が見つけられます!

詳細検索やカテゴリ検索を使うことで、30秒もかからないうちに利益商品が見つかるので、利益拡大を目指している人におすすめです!

イーリス
イーリス
どのツールも有料版のほうが充実しています!本気でせどりで稼ぎたい人は利用して損はありません!

損切・不良在庫のリスクが減るから

電脳せどりで有料ツールを使用すると、損切や不良在庫のリスクが軽減します。理由は単純で、リサーチの精度が上がるからです。

通常版イーリサとERESA PROを比較した場合、以下の点が異なります。

通常版イーリサ・ERESA PROの違い

共通点

  • 各種ランキンググラフの表示
  • 損益分岐点の表示
  • 利益計算器の表示

違い

  • カート取得率の表示

カート取得率が表示されるかどうかは、利益が出るかどうかを大きく左右します。例えば、あなたが以下の商品を仕入れるとします。

Amazonのゲームカテゴリランキング100位の商品で、非常に売れている商品なので、利益になる可能性があります。

しかし、新品・中古で合計45本も販売されているため、ライバルが多いのがやや気になるところです。通常版では、ここまでのリサーチしかできません。

ただ、ERESA PROではカート取得率が確認できます。

こちらが、該当商品のカート取得率ですが、Amazonが57%を獲得しています。つまり、カートの半分以上をAmazonが獲得しているため、個人セラーが太刀打ちすることは非常に難しいです。

43%は個人セラーが獲得しているという見方もできますが、実際は14%しか獲得できないことを考えると、仕入れたところで売れない可能性が高いです。

また、穴場の商品を見つけたとしても、カート取得率の有無で在庫になるかどうかが大きく左右されます。例えば、以下の商品。

とあるメーカーが販売していたラジコンボートで、売れ行きもそれなりによかった商品です。直近で在庫が減っていたので、売れている予測ができる商品でした。

穴場商品なので、価格差がある商品なら仕入れ判断をする人もいると思います。カート取得率を見ても、個人セラーが2人しか販売していない商品でした。

しかし、商品ページを見ると、自社製造の商品をメーカーが直販している商品で、いずれもメーカー販売のアカウントでした。

このように、カート取得率が確認できるだけで、不良在庫になるかどうかがよくわかります。

イーリス
イーリス
無料ツールよりも、さらに詳しい分析ができます!仮に利用することがあれば、機能面を比較しながら利用を検討しましょう!

電脳せどりで使える有料ツールを紹介!

電脳せどりで使える有料ツールは複数存在し、実際にリサーチに使っている人もいます!そのなかでも、今回は有名な有料ツールについて紹介します!

具体的には、以下のとおりです。

電脳せどりで使える有料ツール

  • ERESA PRO
  • NEWタイプデルタトレーサー
  • Keepa

ほかにも、プライスターやせどりすとなどのツールもありますが、Amazon販売を効率化するツールなので、今回は紹介を省略します。

イーリス
イーリス
今回紹介するツールは、電脳せどりでリサーチに使えるものです!リサーチを効率化したい人は必見です!

ERESA PRO

ERESA PROは、先ほどから触れているように、通常版イーリサのパワーアップ版です!通常版に比べると、以下の機能が追加されました。

ERESA PROで追加された機能

  • 10倍以上のデータベース表示
    (2億7,000万件以上)
  • アメリカ版Amazonの検索
  • 条件絞り込み詳細検索
  • 大カテゴリランキングの追加
  • カード取得率の追加

簡単にまとめると、リサーチ対象の商品が増え、効率よくリサーチできるようになりました!

Amazon輸入にも利用可能なので、今まで以上に電脳せどりで稼げるリサーチができます。特に、条件絞り込み検索は、Amazonで売れる商品が30秒程度で見つかるのでおすすめです。

このように、さまざまな条件が表示されているので、それぞれ入力して条件検索をしていきます。売れ筋ランキングや、コンディション別の価格帯などが入力できるため、売れる商品がよく見つかりますよ!

キーワードで「ゲーム」を選択して、4,000~5,000位の商品を表示すると、以下が表示されました。

この場合、商品タイトルに「ゲーム」と入っているものも表示されているので、ゲームカテゴリを調べたいなら、カテゴリ指定をします。

詳細検索の下の部分で、カテゴリ指定ができるので利用する際は設定するとよいでしょう!

ERESA PROは、Amazonで売れている商品を事前にリサーチできる機能に特化しています!そのため、売れ筋商品を探したい人や、電脳せどりで利益を拡大したいと思っている人は、利用を検討しましょう。

詳しい使い方や、利益商品の見つけ方については、以下の記事から参照できます!

NEWタイプデルタトレーサー

NEWタイプデルタトレーサーは、月々2,000円程度から利用できる電脳せどりのリサーチツールです。以前は、モノレートが終了して以降に、無料で利用できるツールとして使われていました。

しかし、2021年1月に有料版に完全移行し、2022年3月時点では有料版のみでしか利用ができません。リサーチできる内容は、通常版イーリサと変わりません。

それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

NEWタイプデルタトレーサーでできること

  • 各種ランキンググラフの閲覧
  • 損益分岐点の確認
  • 日別販売推移
  • フィルター検索
  • Amazon以外の販売先でのリサーチ
    (例:PayPayモール、Yahoo!ショッピングなど)

Amazonに特化したリサーチツールというよりも、電脳せどり全般に特化したリサーチツールですね!以前は、Amazonのリサーチしかできませんでしたが、リニューアル以降はオールインワンツールとして使えるようです。

そのため、デルタトレーサーを活用すると、Amazonで売れる商品が見つかりやすくなるわけです!
(機能面としてはERESAPROに似ていますね!)

電脳せどりで利益を拡大したいと思っている人には最適なので、気になる人は利用を検討しましょう。

Keepa

Keepaも、電脳せどりで活用できるツールです。ドイツ発祥の分析ツールで、ち密な分析ができることから、リサーチに使っている人も少なくありません。

しかし、国内版のツールに比べると、正直使いづらいのが難点です……。日本語版に対応していますが、機能面が多すぎて初心者には少し使いづらいです。

簡単に機能面をまとめると、以下のとおり。

Keepaの機能について

  • 各種グラフの表示
    (Google Chromeの拡張機能を使うと便利)
  • 価格トラッキング機能※ERESA PROでも実装予定
  • 商品の詳細検索
  • 在庫切れ商品のチェック
  • FBA納品ユーザーの在庫確認
  • ランキング上位セラーのリスト表示
  • ASINコードを使ったリストアップ機能
  • 売れ筋ランキングのリストアップ機能

これらの機能を活用する場合、月々18ユーロかかります。
(日本円にすると2,200円程度)

機能面が充実していることはいいことですが、充実しすぎてすべての機能を使えないという人も少なくありません……。実際、当編集部でも以前使っていましたが、少し使いづらい印象でした。

仮に有料版を使う場合は、電脳せどりでより利益を出したいと思っている人におすすめです!

結局どの有料ツールがおすすめなの?

電脳せどりで利用できる有料リサーチツールは複数ありますが、どれも正直おすすめです。ただ、機能面や使い方を考慮すると、ERESA PROが使いやすいかと思います!

日本語に対応している点や、ユーザーファーストな点を考えると、初心者でも簡単にリサーチできます。さらに、ERESA PROは通常版イーリサの機能に追加して利用できるため、バーコードリサーチも可能です。

外部ツールを使ったリサーチになりますが、電脳せどりに限らず店舗せどりでも使えるのが特徴です!

実際に検索すると、数秒でイーリサの検索画面が出てきます。ERESA PROに登録していれば、カート取得率も確認できるため、効率よくリサーチが可能です。

NEWタイプデルタトレーサーやKeepaも便利なツールではありますが、コスパや利用できる機能面などを考えると、ERESA PROがおすすめです!

イーリス
イーリス
実際使いやすいですし、簡単にリサーチができますからね!

電脳せどりで有料ツールを選ぶ際のポイント3選!

電脳せどりで有料ツールを選ぶ際は、それぞれ基準があります。ツールの導入を検討している場合は、以下の基準で選びましょう!

電脳せどりで有料ツールを選ぶ際のポイント

  • 目的に応じて選ぶ
  • 無料版があるものを選ぶ
  • 料金で選ぶ

これらの基準をもとにツールを選ぶと、失敗することも少なくなります。特に、無料版があるツールについては、使用感がわかるので積極的に選んでいきたいところです!

目的に応じて選ぶ

電脳せどりの有料ツールは、目的に応じて選ぶことをおすすめします。今回紹介したツールは、あくまでも電脳せどりの”リサーチ”に特化したツールです。

しかし、電脳せどりではその他にもさまざまなツールが存在します。簡単に紹介すると、以下のとおりです。

電脳せどりのツール一覧

  • プライスター:Amazonせどり管理ツール
  • せどりすとプレミアム:バーコードリサーチ、商品管理ツール
  • セドリオン:仕入れリサーチ効率化ツール
  • マカド!:Amazonせどり管理ツール

リサーチツールとAmazonせどりの管理が一体化したツールから、仕入れを効率化するようなツールまで複数存在します。

例えば、商品のリサーチをしたい人が、プライスターを導入したところで意味がありません。リサーチをするなら、”ERESA PRO・Keepa・デルタトレーサー”あたりを使いたいところです!

無料版があるものを選ぶ

有料ツールのなかには、無料版やお試し版があるものも存在します。今回紹介したツールだと、ERESA PROとKeepaに無料版があります。

NEWタイプデルタトレーサーは、以前まで無料で利用できましたが、現在は有料版のみしか利用できません。

無料版イーリサと無料版Keepaの機能を紹介すると、以下のとおりです。

無料版イーリサで利用できる機能

  • 各種グラフの閲覧
  • 日別販売数推移の確認
  • 商品の詳細情報の確認
  • 利益計算器の表示

無料版Keepaで利用できる機能

  • 価格推移のグラフ閲覧
  • 価格トラッキング

Keepaは、無料で利用できるものの、機能面がそこまで充実していません。しかし、イーリサの場合は、無料で十分使えるツールです!

ERESA PROは、無料版イーリサの上位互換のようなツールです。

イーリス
イーリス
まずは、お試し版のイーリサから使っていくとよいでしょう!

料金で選ぶ

電脳せどりの有料ツールは、基本的に2,000円程度で利用できるものがほとんどです。リサーチツールに関しては2,000円程度ですが、在庫管理ができるツールは5,000円程度するものも多いです。

今回紹介したツールを例に挙げると、価格帯は以下のとおりです。

有料リサーチツールの料金比較

  • ERESA PRO:2,980円/月
  • NEWタイプデルタトレーサー:2,200円/月
  • Keepa:18ユーロ/月(2,200円程度)

NEWタイプデルタトレーサーやKeepaは2,200円程度ですが、ERESA PROは2,980円です。

若干割高ですが、機能面が充実している点や、利益が出しやすい点を考えるとコスパは悪くありません!

ツールを選ぶポイントになってくると思うので、それぞれ比較したうえで登録を検討しましょう。

まとめ【電脳せどりのツールはERESA PROを使おう!】

電脳せどりでリサーチをする場合は、さまざまなツールがありますが、当編集部ではERESA PROを押しています!

ERESA PROは、Amazonで売れる商品が30秒程度で見つかるため、初心者で有料ツールを探している人におすすめです。特に、以下の機能は売り上げに直結する部分なので、積極的に活用していきましょう!

ERESA PROで使いたい機能

  • 詳細検索
  • カテゴリランキング検索

詳細検索は、条件次第でいくらでも利益商品が見つかります!プレミア商品の検索にも使えるので、電脳せどりで稼ぎたい人は積極的に利用しましょう!

詳しい使い方や、機能面については以下の記事を参考にしてください!

【ついに登場!】ERESA(イーリサ)進化版”ERESA PRO”とは?機能面・使い方を徹底解説!

Amazon商品のリサーチ・分析するなら「ERESA(イーリサ)」!

Amazon.co.jpで販売されている2400万以上の商品データ(出品者、価格、ランキング推移など)が無料で見放題!

 

\1分で完了!/

無料会員登録はこちら

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!