唯一無二のAmazon市場分析ツール 「ERESA(イーリサ)」の公式ホームページになります。

Amazonせどりでツール利用は必須!おすすめツールを徹底解説!

  • 2021年8月1日
  • 2021年8月10日
  • ツール
  • 186view

「Amazonせどりで使えるツールを知りたい!」

「Amazonせどりでツールは使うべき?」

この記事は、このような悩みを解決しています♪

 

Amazonは、商品を購入する目的で使っている人が多いと思いますが、実は販売先としても使えます!

最近では、”Amazonせどり”として一種のビジネスになりつつあり、稼ぐ人も増えていますよ◎

今回は、Amazonせどりをしようと思っている人のために、おすすめなツールを紹介しますね♪

 

イーリス
イーリス
ツールを使えば、売れる商品が逐一見つかるのでおすすめです!使いこなして、Amazonせどりで利益を出していきましょう!

 

よくわかる解説

  • ツールを使えば効率化する
  • 無料ツールではERESAがおすすめ
  • ツールを使えば損失が出づらくなる

Amazonせどりで使えるおすすめツール一覧!リサーチに最適!

Amazonせどりでは、利益を出すために複数のリサーチをしなければなりません。

仮に、売れる商品のリサーチをしたいと思っているなら、以下のツールを使用しましょう!

無料ツールから有料ツールまで紹介するので、参考にしてくださいね♪

 

Amazonせどりで使いたいおすすめツール

  • ERESA(イーリサ)
  • Keepa
  • キーゾン
  • セラースプライト

これらのツールは、テクニカルな分析ができます!

特に、ERESAは無料で利用できる割には、使い勝手がかなりよいので、メインで使うリサーチツールになると思います◎

 

イーリス
イーリス
拡張機能を使えばさらに便利になるので、使いこなしていきましょう!

ERESA(イーリサ)

Amazonのリサーチをするなら、ERESAを活用しましょう!

最近では、”モノレートの代わりのツール””無料リサーチツールの代名詞”などと言われており、注目を集めています。

具体的にできることを紹介すると、以下のとおりです!

 

ERESAでできること

  • 商品の需要チェック
  • 損益分岐点の計算
  • Amazonで販売する際の利益計算
  • 各販売先リンクへの移動

 

基本的に、Amazonのすべてのリサーチが、ERESA一つだけでできます。

私もリサーチをする際は、ERESAをメインに使っていますが、テクニカルなリサーチができるのは一番のメリットですね!

 

 

ASINコードを入力して検索すると、このようなグラフが出てきます。

それぞれ、”価格推移・ライバル数推移・ランキンググラフ”となっており、どういう商品なのかが把握できます。

 

この商品の場合は、以下のような判断ができそうです。

 

商品Aのグラフから判断できること

  • 価格推移グラフ
    →プレ値の価格から下落(ライバル数が増えたことが理由)
  • ライバル数グラフ
    →新品コンディションの出品数が急増している
    (5個→20~25個程度)
  • ランキンググラフ
    →頻繁にギザギザしているため需要がある商品と判断できる

 

このような分析ができて、無料なのはコスパがよすぎます!

Amazonせどりのツールは、モノレートが終了して以来、有料版に移行するものが多かったですが、ERESAは救世主といえるでしょう◎

 

詳しい内容は以下の記事でまとめているので、参考にしてくださいね♪

 

補足:拡張機能「ERESAワンクリック」

ERESAには、Google Chromeの拡張機能の”ERESAワンクリック”というものがあります。

こちらの拡張機能は、ERESAと連携しており、Amazonの商品ページにERESAへ移動できるボタンを設置できます。

 

 

インストールするだけで使えるので、積極的に活用していきましょう。

ちなみに、ツールをインストールすると、Amazonのタイトル横にERESAのロゴマークが付与されます。

 

 

こちらのボタンをクリックすると、ERESAの分析ページに移動できるので、普段のリサーチがさらに効率化しますよ!

通常は、ASINコード・JANコードを入力する必要がありましたが、その手間もありません。

ERESAを使おうと思っているなら、こちらの拡張機能も併せてインストールしておきましょう。

 

>>ERESAワンクリック公式登録リンク

Keepa

Keepaは、Amazonせどりで詳しい分析ができるツールで、活用している人も多いです。

登録は無料でできますが、すべての機能を使う場合は、月々2,500円程度の課金が必要です。
※厳密には18ユーロ

Keepaでできることは複数ありますが、無料版・有料版それぞれ紹介すると、以下のようになります。

 

Keepaでできること

  • 価格トラッキング:無料版・有料版
  • 各グラフのチェック:有料版※一部無料版で確認可能
  • 売れているセラーのチェック:有料版
  • 販売商品のリスト化:有料版
  • 商品カテゴリのリスト化:有料版

 

無料版で利用できるものは少なく、ERESAのような分析・リサーチをする場合は、有料版の登録が必須です。

しかし、価格トラッキング機能は無料版でも利用可能で、ERESAと組み合わせれば商品の刈り取りができます◎

 

 

ちなみに、Keepaのグラフはこのような波形になっています。

ERESAのデータ参照元もKeepaですが、デフォルメされていますね!

確実に売れる商品を分析したいならKeepaに登録し、サクッと分析したいならERESAで代用しましょう◎
(最初のうちはERESAだけでも十分です!)

 

ちなみに、Keepaについては以下の記事でまとめているので、参考にしてくださいね♪

 

キーゾン

Keepaを活用するなら、キーゾンも合わせてインストールしましょう!

有料版Keepaでしか使用できませんが、Amazonの商品ページに月間販売個数を表示するGoogle Chromeの拡張機能です。

インストールが完了したら、KeepaとAPI連携をすることで使えるようになります。

 

 

本来、Keepaではランキンググラフを見てしか需要の判断ができませんでした。

ギザギザしていれば売れる商品だとわかりますが、そこまで変動がないグラフを見たときは、仕入れ判断が難しかったです。

 

しかし、キーゾンを使えば、売れている数字が逐一チェックできるのでおすすめです!

ちなみに、同様の機能はERESAにも備わっています。

 

 

ERESAは、ランキング降下数として表示されています。

有料版Keepaへの登録がすんでいない人は、ERESAで代用するのもありです◎

 

>>キーゾン登録公式リンク

セラースプライト

セラースプライトは、中国が開発したAmazonのビッグデータをまとめているツールです。

一部機能は課金する必要がありますが、無料版でも利用できることから、ERESAとうまく組み合わせて活用していきましょう!

基本的には、Google Chromeの拡張機能をインストールして使っていきます!

 

 

拡張機能をインストールすると、Amazonの商品ページにセラースプライトの”S”ロゴが表示されるので、こちらをクリックしましょう。

すると、以下のデータが閲覧できます。
(無料版では)

 

セラースプライトで確認できるデータ

  • 商品の価格推移
  • 評価数のチェック
  • 月間評価数のチェック
  • 日別販売数

 

詳しい分析ならKeepaに引けを取らないので、無料版で公開されているうちは、セラースプライトで代用するのもありです!

リサーチの際に使うのは、日別販売数と販売数トレンドですね!

 

 

こちらが、実際のグラフで、直近の評価率(販売数)が全体の売り上げ比率を表しています。

ただ、このグラフはあくまでも、先月比を表示しているだけなので、半日数トレンドを見て需要を調べる必要があります。

 

 

こちらが、販売数トレンドのグラフです。

緑色の折れ線グラフは、月間販売額を表しています。

 

2020年12月のグラフを見ると、売上金額は55万円程度を推移しています。

オレンジ色の棒グラフは、月間販売数を示しており70個売れていました。

ERESAで、この商品の平均相場を確認すると、1個あたり”8,000円~9,000円”の間で売れていたので、売上金額と整合性が取れます。

 

販売個数を調べるには、有料版課金が必要ですが、無料版でも十分売れる商品のリサーチが可能です!

ERESAとうまく組み合わせて使えば、Keepaさながらのテクニカルな分析ができますよ♪

Amazonせどりでツールを使う3つのメリット!

Amazonせどりをする場合は、ツールを使ったほうが何かとメリットが多いです。

むしろ、ツールを使わずに何かを仕入れるのは難しいです。

少しでも利益を出したいなら、ツールを積極的に活用していきましょう!

 

ちなみに、Amazonせどりでツールを使うメリットは以下のとおりです。

 

Amazonせどりでツールを使うメリット

  • 利益商品が見つかりやすくなる
  • 効率よくせどりができる
  • 損失が出づらくなる

 

特に、利益商品が見つかりやすくなるのは、ツールを使うメリットだと思います◎

損失も出づらくなりますし、何かとツールの使用はメリットが多いです!

利益商品が見つかりやすくなる

Amazonせどりでツールを使う理由でもあり、利益商品を見つけやすくするためには、ツールの使用が必須です。

先ほど紹介しましたが、無料ツールのERESAを使うと、コスパよくAmazonで売れる商品を見つけられます。

利益商品を見つけるためには、以下の機能を駆使してリサーチしていきましょう!

 

利益商品を見つけるために利用したい機能

  • 日別販売推移のチェック
  • ランキンググラフのチェック
  • 損益分岐点の確認
  • 利益計算器の使用

 

これらを駆使すれば、Amazonで売れる商品を見つけられます。

なかでも、需要があるかどうかのリサーチは、Amazonで売れるかどうかに直結するので、必ず調べたいところです。

 

 

こちらは、日別の出品数がわかるグラフです。
(ERESAで確認できます)

1日の出品数が把握でき、商品の増減によって商品が売れているのかどうかがわかります。

詳しい在庫数を確認したいなら、こちらの表を見て判断しましょう。

 

このように、Amazonせどりでツールを使えば、利益商品が見つかりやすくなるので、使用して損はありません!

それに、ERESAなら無料で利用できるので、コスパよくリサーチできますよ♪

 

>>ERESA公式登録リンク

効率よくせどりができる

Amazonせどりでツールを使うと、作業の効率化につながります。

実際、ツールを使わずに商品のリサーチをするのは非常に無謀な行為で、不可能と言っても過言ではありません。

例えば、仕入れようと思っている商品が、Amazonで売れているのかどうかチェックする場合、本来はERESAやKeepaを使って調べていきます。

 

 

ERESAを例に挙げると、ランキンググラフを見て売れている商品かどうかを判断します。

頻繁にギザギザしている商品ほど、Amazonで売れているという判断ができるので、このグラフを見るだけで大まかな需要がわかります。

しかし、グラフを見ただけでは、完璧に判断できないようなものもあります。

 

 

このようなグラフは、あまり頻繁に変動していないことがわかります。

3ヵ月間の降下数は6回と判断できますが、このグラフを見ただけでは、売れたという判断はできません。

その際に活用するのが、日別販売推移です。

 

 

上記のグラフの日別販売推移で、赤枠では商品が減少し、青枠では商品が増えています。

この場合、商品が売れて在庫が追加されたという判断ができます。

直近10日で在庫変動があれば、アクティブな商品とわかるので、仕入れ対象になります。

 

このように、ツールを使えば、作業の効率化ができます。

逆に、テクニカルな分析をツールを使わずにするのは、ほぼ間違いなく無理です。

 

リサーチ作業を効率化する意味でも、ツールの使用はマストですよ!

損失が出づらくなる

Amazonせどりでツールを使うと、損失が出づらくなります。

これは根拠に基づいた、仕入れができるからです。

感覚で仕入れるのではなく、”仕入れるべき理由”を把握してから仕入れるので利益になりやすいです。

 

ツールを活用すれば、複数のリサーチができますが、損失を抱えないためにしたいのは以下のリサーチです。

 

損失を出さないためにしたいリサーチ

  • 商品の需要リサーチ
    →不良在庫になるのを回避できる
  • 損益分岐点のリサーチ
    →損切を回避できる
  • 目標利益率の計算
    →損切を回避できる

 

これらのどのリサーチも、ERESAを活用すればできます。

根拠に基づくリサーチをする意味でも、それぞれ意識しましょう!

AmazonせどりはERESA(イーリサ)がおすすめ!利益商品を見つける方法を紹介!

Amazonせどりでは、ERESAを使ってリサーチをすると利益を出しやすくなります!

無料のツールなので、せどりでツールを使おうと思っている人は、しっかり活用していきましょう◎

仮に、あなたがERESAを使って商品を見つけたいなら、以下の手順で進めていくとよいです。

 

ERESAで利益商品を見つける手順

  1. ジャンルを絞る
  2. ERESAでリサーチする商品をピックアップする
  3. ERESAで検索する
  4. 売れ筋を調べる
  5. 損益分岐点・利益計算をする
  6. 利益になるなら仕入れる

 

この手順で進めていけば、利益商品が見つかります◎

利益商品を確実に見つけるためにも、時間をかけてゆっくりリサーチしましょう。

1.ジャンルを絞る

まず、ERESAで売れる商品を見つけるなら、ジャンルを絞る必要があります。

Amazonでは、複数の商品が販売できますが、特におすすめのジャンルは以下のとおりです。

 

Amazonでおすすめのジャンル

  • 家電類
  • ゲーム関連
  • 雑誌・漫画
  • おもちゃ
  • フィギュア

 

これらの商品は、どれも利益になるので仕入れていきましょう。

今回は、フィギュアにジャンルを絞って、商品を仕入れていきます!

回転率・利益率がいずれも高いので、せどりには最適なジャンルです!

2.ERESAでリサーチする商品をピックアップする

ジャンルを絞ったら、リサーチする商品をピックアップしていきましょう。

今回はフィギュアに絞って探していきますが、まずはAmazonでカテゴリを選択しましょう。

 

 

フィギュアカテゴリに合わせると、このように商品が出てきました。

ここからさらにカテゴリを絞っていけば、売れる商品が見つかりやすくなります。

今回は、フィギュアのなかでも”ねんどろいど”というシリーズに注目して、商品を仕入れていきたいと思います。

 

 

キーワード検索で、「ねんどろいど」と調べると、多くの商品が出てきました。

アニメの作品名やキャラクター名で検索すれば、より商品を絞れます。

鬼滅の刃シリーズが人気なので、売れそうな商品をリサーチしました。

 

 

こちらの商品は、定価4,000円台の商品が、8,000円に高騰しているため、仕入れ次第では利益になる可能性があります。

そこで、ERESAを使って実際にリサーチしました!

ASINコードをコピーして、ERESAに貼り付けるのもありですが、ERESAワンクリックを使っていると、簡単にリンク移動ができるのでおすすめです◎

3.ERESAで検索する

 

ERESAワンクリックを使えば、タイトル横のロゴをクリックすることで、簡単に移動できます。

実際に、クリックすると以下のページが開きました。

 

 

それぞれ番号を振っているので、ファーストビューで表示される項目を軽く紹介しますね!

 

ファーストビューで表示される項目

  1. 商品の簡単な説明文
  2. 有料版Keepaのグラフ
  3. コンディション別最安値
  4. ランキング降下回数
  5. 類似画像検索のボタン

 

ここで、リサーチで確認するのは、コンディション別最安値とランキング降下回数ですね!

まず、コンディション別最安値は、”新品・中古”の最安値が表示されています。

 

 

この商品の場合は、新品が5,769円で販売されていて、中古は7,260円で販売されていることがわかります。

販売数は合計18個で、それなりにライバルが多い商品です。

次に、ランキング降下回数です。

 

 

こちらは、有料版Keepaのデータに準拠しており、商品の需要を示しています。

せどりのリサーチでは、一般的にランキンググラフが1回下がった地点を”商品が売れた場所”と判断します。

この商品の場合は、過去30日で89回下がっているので、1ヵ月に89個売れている超売れ筋商品という予測が可能です。

4.売れ筋を調べる

ファーストビューの情報だけでは、売れ筋商品が調べられないので、別の項目を使って売れ筋商品を調べていきます。

売れ筋のリサーチで使うのは、以下のとおりです。

 

売れ筋予測で使う項目

  • 価格推移グラフ
  • ライバル数推移グラフ
  • ランキンググラフ
  • 日別販売推移

 

これらの項目を使ってリサーチすれば、利益商品も見つかりますよ◎

いずれも重要なので、詳しく解説します。

価格推移グラフの見方

こちらのグラフでは、指定期間の価格推移が確認できます。

期間指定は、”1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月・12ヵ月・全期間”での表示が可能です。

基本的には、1ヵ月と3ヵ月のグラフしかリサーチでは使いません。

 

 

上のタブで、コンディションを選択すると、それぞれの価格推移がわかります。

上記は、新品コンディションの1ヵ月価格推移グラフです。

見るべきグラフは、赤色の線と紫色の線です。

 

まず、赤色の線は”プライム便”で出品されている商品の、最安値推移を示しています。

 

 

プライム便指定ができるのは、FBA納品しているセラーなので、Amazonせどりを本格に実践しているセラーと判断しましょう。

次に、紫色の線は、”カート価格”を示しています。

 

 

カート価格とは、直近で商品が売れたときの価格帯を指します。

この価格を見れば、直近の売れ行きがわかるので、損失を出しづらい値付けが可能です。

さらに注目したいのは、赤色と紫色のグラフが交わっている点です。

 

 

この場合1ヵ月間で6回交わっていることがわかりますが、この場合プライム便から1ヵ月で6個購入されていると判断できます。

交わっている点が多かったり、平行線を走っていたりすると、FBA納品が多いという証拠になるので、価格競争に巻き込まれる可能性があります。

逆に、プライム便と交わっていない場所は、損切をした地点だと予測可能です。

 

イーリス
イーリス
価格推移だけでここまで予測できるので、積極的に活用していきましょう◎

ライバル数推移の見方

ライバル数の推移では、Amazonに出品している人の数を確認できます。

今回は、新品コンディションのライバル数推移を確認しますね!

 

それぞれ、変動していることがわかりますが、ここでは商品の在庫数の増減が確認できます。

見方・チェック方法は、以下のとおりです。

 

ライバル数推移のチェック方法

  • ライバル数が減る:商品が売れた
  • ライバル数が増える:商品が追加された

 

あらためて、グラフを確認すると、何回か下落していることがわかります。

 

 

1ヵ月間でここまで変動しているなら、売れていると判断してもよいでしょう。

しかし、まだ確信できないので、ランキンググラフをチェックして、詳しい需要を調べていきましょう。

ランキンググラフの見方

商品の需要を調べる場合は、ランキンググラフを確認します。

こちらのグラフは、Amazonのカテゴリランキングの変動を示しており、以下のように変動します。

 

ランキンググラフが変動する仕組み

  • ランキングが上がる(100位→1位):グラフは下がる
  • ランキングが下がる(1位→100位):グラフは上がる

 

一般的に、せどりではグラフが下がった場所を、商品が売れた地点としています。

 

理屈を説明すると、商品が売れるとカテゴリランキングで順位が上がるので、ランキンググラフが下がります。

そして、商品が追加されると、カテゴリランキングの順位が下がるので、ランキンググラフは上がるからです。

 

 

こちらのグラフは、わかる範囲で最低でも12回下がっていることがわかります。

しかし、超売れ筋商品なので、ここまで少ないのはあり得ません。

 

 

その際に確認したいのが、ページ上部に表示されているKeepaのグラフです。

ERESAは、Keepaのランキンググラフをデフォルメしているものなので、若干簡易化されています。

ここまでギザギザしているなら、需要がある商品だと判断できます!

 

イーリス
イーリス
ERESAのグラフを見て目立った変動がない場合は、一度Keepaもチェックするとよいでしょう!

日別販売推移の見方

 

直近の販売個数を知りたいなら、日別販売推移をチェックしましょう。

日別販売推移は、直近で売れている出品数が確認できます。

 

 

赤枠でマークを付けている場所は、在庫が減少していることがわかります。

この場合、商品が売れていると判断でき、7月22日から7月31日の間で複数回変動していることがわかりますね!

逆に、青枠でマーキングしているところは、出品数が増えているので、在庫が追加されたと予測可能です。

 

ランキンググラフで需要を確認したら、日別販売推移で、過去10日以内の売れ行きを調べて、需要があるかを調べましょう。

売れているなら仕入れて、そこまで売れていないなら仕入れないほうが吉です!

5.損益分岐点・利益計算をする

商品の需要がわかったら、損益分岐点と利益計算をしましょう。

損益分岐点とは、商品が利益になるかどうかの範囲のことを指します。

分岐点以下で仕入れれば利益が出て、分岐点以上の場合は損失が出ます。

 

 

ERESAでは、損益分岐点を簡単に計算したものを確認可能で、仕入れ判断に役に立ちますよ♪

それぞれ説明すると、以下のようになります。

 

損益分岐点について

  • 新品:自己配送4,904円、FBA納品4,473円
  • 中古:自己配送6.171円、FBA納品5,740円

 

基本的には、新品・中古のみを確認するだけでよいです。

ただ、これはあくまでも最安値で販売した場合の価格なので、カート獲得時の価格や、販売価格を適切に分析するなどして、算出するのもありです。

 

 

その際に役に立つのが、利益計算器です。

ここに、販売価格のみを入力すれば、損益分岐点が算出されます。

 

 

試しに、7,500円で商品を販売したときの損益分岐点を算出しました!

FBA納品をした場合は、4,944円が損益分岐点になります。

つまり、この価格以下で商品を仕入れれば利益になるので、商品リサーチの際に探していきましょう◎

6.利益になるなら仕入れる

損益分岐点まで調べたら、ようやく仕入れの段階に移ります。

今回は、メルカリで商品を見つけていきます。

 

 

同一商品が表示される検索条件を設定して、商品を表示しましょう!

その際に使いたいのが、先ほど算出した損益分岐点です。

上限価格で損益分岐点を入力すると、商品が出てきます。

 

 

しばらくリサーチしていると、こちらの商品を見つけました。

価格は、3,980円と相場よりも安いことがわかります!

価格差があることは明確ですが、念のために利益計算器を使って利益を計算しましょう。

 

 

ERESAで利益計算をすると、粗利は964円でした。

そこまで利益になる商品ではありませんが、利益になることに違いはありません。

 

イーリス
イーリス
せどりはこのような商品の積み重ねで利益を出していきます!売れる商品をリサーチして、仕入れていきましょう!

まとめ

Amazonせどりをする際は、ツールを使ってリサーチしましょう!

ツールを使ってリサーチをしないことには、利益商品が見つかりません。

無料のツールも多いので、コスパよく使えますよ◎

 

仮に、Amazonせどりでツールを使う場合は、以下の使い方をしましょう。

 

Amazonせどりでツールを活用する方法

  • ERESA:Amazon全般のリサーチをする
  • Keepa:価格トラッキングをする
  • セラースプライト:月間売上個数を閲覧して仕入れ判断をする

 

このような方法でリサーチをすれば、不良在庫を抱えることなく仕入れができます◎

在庫フリーで仕入れをするためにも、積極的にツールを活用していきましょう!

最新情報をチェックしよう!