唯一無二のAmazon市場分析ツール 「ERESA(イーリサ)」の公式ホームページになります。

電脳せどりで使える超おすすめツールを徹底解説!

  • 2021年6月19日
  • 2021年6月25日
  • ツール
  • 388view

「電脳せどりで使えるツールを知りたい!」

「電脳せどりでERESAは使えるの?」

この記事は、このような悩みを解決しています♪

 

電脳せどりをする際に、利益を出したいと思っているなら、電脳せどりを使う必要があります。

手動で調べるのは不可能に近く、効率化を図るならツールの利用は必須です!

今回は、電脳せどりで実際に使えるツールを紹介するので、気になる人は参考にしてくださいね♪

 

イーリス
イーリス
ERESAもツールの一つで、ほかのツールに比べると使いやすいです!無料で利用できるので、いろいろなシーンで活躍するかも……?

 

よくわかる解説

  • 複数のツールを活用すると効率化ができる
  • 需要のリサーチはERESAでOK
  • 拡張機能も積極的に使う

電脳せどりで使うべきツールを徹底解説!

電脳せどりをするなら、ツールを必ず使いましょう!

今回は、パソコンでリサーチをすることを前提として、おすすめの効率化ツールを紹介しますね♪

少しでも、電脳せどりで利益を出したいと思っているなら、参考にしてください!

 

具体的に、おすすめなツールは以下のとおりです。

 

電脳せどりで使うべきツール

  • ERESA(イーリサ)
  • Keepa
  • FBA料金シミュレーター
  • アマキパ
  • キーゾン

 

この5つをインストールしておけば、リサーチも楽になります!

いずれも、Amazonで商品を販売するときに活躍するツールなので、Amazonせどりを検討している人は、利用してくださいね♪

ERESA(イーリサ)

Amazonのリサーチツールのなかでも、超必須になってくるのがERESAです!

当社が運営しているツールですが、忖度なしにしてもかなり使えるツールだと思います。

ERESAで主にできることを紹介すると、以下のとおり。

 

ERESAでできること

  • コンディション別最安値のチェック
  • 画像検索
  • 各リンクへの移動
    (例:Amazon、メルカリ、ラクマなど)
  • 損益分岐点の計算
  • 利益計算
  • 各グラフの確認
    (価格推移グラフ、出品者推移グラフ、ランキンググラフ)
  • 日別販売推移

 

これらの内容がすべて確認できるのにも関わらず、無料で利用できるので驚きです……笑

簡単に使い方を紹介すると、サイトに登録して、アカウントを開設します。
(こちらのリンクからどうぞ♪)

 

 

すると、このような検索ボックスが出てくるので、”キーワード・JANコード・ASINコード”を入力しましょう!

個人的には、商品に個別で設定されている、ASINコード・JANコードで調べることをおすすめします。

実際に、検索すると、以下のように商品情報が出てきます。

 

 

情報量が多いですが、このページだけで、以下の内容がわかります。

 

【ERESAでわかること】

  • 商品の売れ行き
  • コンディション別価格
  • 損益分岐点
  • ライバルの数

 

つまり、Amazonで仕入れようと思っている商品が売れるかどうかのリサーチが、ERESA一つでできてしまうわけです!

モノレートが終了してから、売れ行きが確認できるツールは、すべて有料版に移行しました……。
(例:NEWタイプデルタトレーサー、Keepaなど)

しかし、ERESAは無料で確認できますし、物販初心者にはおすすめの電脳せどりツールといえるでしょう◎

 

詳しい使い方については、以下の記事で解説しているので参考にしてくださいね♪

 

Keepa

Keepaは、ERESAでもAPI連携しているツールで、さまざまな情報が確認できます。

現時点では、無料版と有料版がありますが、できることがそれぞれ異なります。
(違いを説明すると以下のとおりです!)

 

Keepaの無料版と有料版の違い

  • 無料版:価格推移グラフの表示、価格トラッキングの利用
  • 有料版:無料版機能+ランキンググラフ、カート獲得時の価格表示

 

だいぶ省略しましたが、メイン機能はこのように異なります。

無料版のKeepaは、現時点では価格推移のグラフとトラッキング設定しかできません。

有料版の場合は、ランキンググラフ・カート獲得時の価格表示などが可能です。

 

 

私は、Keepaの有料版に登録していますが、Google Chromeの拡張機能を入れると、商品ページにKeepaのグラフが表示されます。

ERESAは若干デフォルメされているのに対し、Keepaは詳しく表示されています。

機能性でいうとKeepaのほうが詳しく分析できますが、月々18ユーロの利用料がかかるため、ある程度余裕ができたときに利用するとよいでしょう。

 

無料版で使うなら、刈り取りなどにおすすめなトラッキング設定をするとよいです!

 

 

Keepaでは、商品個別でトラッキング設定ができます。

指定した価格以下になったときに、メールにてアラートが来る機能です。

 

 

感染症が流行しているときに、Switchの刈り取りをしていましたが、そのときのメールが残っていました!

損益分岐点を調べていれば、価格設定もしやすいので、事前に計算しておくとよいでしょう。

FBA料金シミュレーター

FBA料金シミュレーターは、電脳せどりで利益を計算する際に活用できるツールです◎

利用するには、Amazonにセラー登録している必要があります。
(していない場合は検索に制限がある)

すでにセラー登録が完了して、こちらのリンクから飛ぶと、以下の画面が出てきます。

 

 

ERESA同様に、ASINコード・JANコードを入力して商品を特定しましょう。

商品情報が出てきたら、数値を入力できるボックスが表示されます。

 

 

入力するのは、”販売価格・仕入れ値・FBA納品送料”くらいですね!

すでに価格が決まっている場合は、それぞれ数値を入力しましょう。

先ほど紹介した、以下のフィギュアを販売する場合。

 

 

中古価格の最安値は、5,980円です。

販売価格を5,980円で固定して、メルカリで2,500円で仕入れた場合を想定すると、以下のような計算になります。

 

 

直接発送した場合は2,882円で、FBAを利用した場合は1,951円です!

いずれも、利益率が高い商品なので、仕入れてもよい商品だとわかりますね♪

また、FBA料金シミュレーターでは、販売価格のみを入力すると、損益分岐点が算出できます。

 

 

この商品の場合、5,980円で販売することを想定したら、4,451円以下の仕入れ値であれば、利益になる計算です。

事前にネットで調べてリスト化しておけば、仕入れが効率化します◎

補足:ERESA(イーリサ)でも利益計算はできる

FBA料金シミュレーターでは、利益計算ができます。

しかし、イーリサにも、利益計算ツールがあるので、紹介しますね!

 

 

FBA料金シミュレーターほどではありませんが、簡易的な利益計算ができます。

セラーアカウントは必要なく、イーリサのアカウントがあればだれでも利用可能です!

先ほど設定した条件で検索すると、以下のように出ました。

 

 

”FBA手数料”という項目にチェックを入れると、FBA納品する際の手数料が計算されます。

販売手数料などをもろもろ差し引いて、粗利は1,643円と出てきました!

 

また、イーリサには、損益分岐点がデフォルトで表示されています。

 

 

コンディション別の分岐点で、リサーチ時点での最安値から、販売手数料・FBA手数料などを差し引いたものが表示されています。

そのため、わざわざFBA料金シミュレーターを利用しなくても、イーリサを使えば損益分岐点が確認できるわけです◎

アマキパ

※アマキパは2021年5月31日に終了しました※

Amazonで売れる商品をリサーチする際、商品検索をすると思います。

Keepaの拡張機能を入れれば、商品ページに以下のグラフが表示できますが、結構手間です……。

 

 

商品ページをいちいち開く時間を考えたら、アマキパを導入しましょう!

アマキパは、Google Chromeの拡張機能で、2021年の5月に配信が終了しました。

アマキパを導入すると、Amazonで商品を検索したときに、Keepaの情報が出てきます!

 

 

上記の検索ワードは、「任天堂Switch」です!

商品ページを開かなくても、グラフを見れば売れている商品が一度に確認できます。

つまり、アマキパを導入するだけで、リサーチをする時間が大きく短縮できるわけです!

 

詳しく分析をしたいなら、価格が高騰していて売れている商品をピックアップして、ERESAで検索するとよいでしょう!

有料版Keepaに登録していれば、表示された時点で需要を確認できますが、まだ利益が立っていない人は、ERESAのリサーチで十分です!

 

イーリス
イーリス
ERESAでも、有料版Keepaのグラフが表示されます!グラフを確認するだけなら、ERESAで十分ですよ!

補足:アマキパの代用ツールはある?

アマキパは、2021年5月をもって終了しました……。

うまくKeepaと連携が取れていましたし、検索画面だけでリサーチができるのが便利だっただけに、少し残念です!

一応、アマキパの代用ツールとして、ショッピングリサーチャーと呼ばれるツールがあります!

 

 

商品を検索すると、Keepaのグラフや各販売先のリンクに移動できるボタンが表示されます。

しかし、こちらの機能を利用するには、PRO版に登録する必要があり、月額3,980円の利用料が必要です……。

 

無料で利用できていたツールを、課金してまで利用するときは、何かしらの付加価値がないともったいないです。

それに、地道にリサーチをすれば、ERESAだけでなんとかなります!

無理して課金するのではなく、現状のせどりに必要なのかどうか考えてから、導入するようにしましょう。

キーゾン

Amazonの商品ページでリサーチをするなら、キーゾンを入れておくとよいでしょう。

しかし、こちらのツールは、有料版Keepaへの登録が必要なので、せどりがある程度軌道に乗ったときに、利用するとよいツールです!

 

 

キーゾンを入れると、Amazonの商品ページに販売個数を表示できます。

有料版Keepaの拡張機能で、グラフではなく表で販売個数を確認できるので便利です。

一目で販売個数が確認できるため、売れているかどうかの判断が簡単にできますよ◎

 

 

例えば、こちらの商品ですが、過去1ヵ月に新品が83個売れていて、中古は3個売れています。

売れ行きがよいのは新品商品で、中古はあまり人気がないことがわかります。

Keepaと連携しているため、ランキンググラフの変動回数で、こちらのデータを取得する仕組みです。

 

有料版Keepaを使うことがあれば、インストールして損はないツールなので、併せて入れておくとよいでしょう。

補足:ERESA(イーリサ)で同様のデータは確認できる?

キーゾンでは、Keepaと連携して商品の販売データを確認できます。

しかし、同様の機能がERESAにも存在します。

 

 

ERESAには、”ランキング降下回数”としてデータが記録されており、”30日・90日・180日”で確認可能です!

こちらは、ERESAで取得しているランキンググラフの降下回数を計測して出しているものです。

キーゾンと比較すると、以下のようになります。

 

【キーゾン】

 

【ERESA】

 

そこまで誤差はなく、ERESAの場合は90日間・180日間が合算になっているくらいです!

従来、商品の売れ行きを確認するためには、KeepaやNEWタイプデルタトレーサーなどの有料ツールを使う必要がありました。

しかし、ERESAはすべて無料で閲覧できるため、初心者せどらーにとって良心的なツールといえるでしょう◎

 

イーリス
イーリス
キーゾンもおすすめですが、有料版Keepaへの登録が必要なので、ひとまずはイーリサで代用するとよいでしょう。

電脳せどりを効率化!ツールを使うメリットを紹介!

電脳せどりをする際は、ツールを使ったほうがベスト。

ERESAもそのツールの一つですが、リサーチのスピードが格段に変わります。

実際、電脳せどりでツールを使うと、以下のメリットがありますよ!

 

電脳せどりでツールを使うメリット

  • 仕入れがしやすくなる
  • リサーチが効率化する
  • 在庫を抱えづらくなる

 

電脳せどりに限らず、物販では仕入れをする場合は根拠が必要です。

なぜその商品を仕入れたのかという根拠がないと、不良在庫・損切の原因につながるからです。

そのため、電脳せどりをしようと思っているなら、必ずツールを利用してリサーチをしましょう!

仕入れがしやすくなる

電脳せどりでツールを使うと、仕入れがしやすくなります。

これは、私がせどりをまだ始めて間もないときの話ですが、ツールの存在を知らずに、独自のリサーチ方法で仕入れていました。

当然、Amazonで売れているかどうかはわかりませんし、すべて直感で仕入れていましたね……。

 

先ほども紹介したように、物販で商品を仕入れるときは”根拠に基づいた仕入れ”が求められます。

私が普段から意識しているのは、以下のとおりです。

 

仕入れで普段から意識していること

  • 本当に利益になるかどうか
    →損益分岐点の計算
  • 需要がある商品かどうか
    →ランキンググラフで把握する
  • 値下がりしづらい商品かどうか
    →出品者グラフで把握する
  • 直近1週間~10日間でいくら売れているか
    →日別販売推移で把握する

 

これらの情報を確認したうえで、商品を仕入れていきます。

すべて満たしている商品であれば、まず赤字になることはなく、数日のうちに売れます。

しかし、一つでもかけている場合は、無理に値下げをしたり、損切をしたりしなければなりません。

 

これも、すべてツールを使えば改善できる問題です!

ランキンググラフや日別販売推移などを確認して、根拠に基づいた仕入れをしていきましょう。

リサーチが効率化する

電脳せどりのツールを使うと、リサーチが効率化します。

ERESAを使うだけでも、作業効率は格段に上がります。

仮に、Amazonで売れる商品のリサーチを、ツールを使わずにするとしたら結構無謀です……。

 

 

ERESAを使えば、ランキンググラフを見るだけで、簡単に売れているかどうかがわかります。

作業効率をアップさせたいと思っているなら、ツールは迷わず使ったほうがいいですね♪

ちなみに、ツールを使わずに売れ行きを把握するには、商品の在庫数を地道に計測する必要があります。

 

商品にカートを追加して、どのくらいの在庫があるのかを確認しながら、その増減で売れ行きを把握していきます。

しかし、その面倒なことがツールを使えば一瞬でできるので、ツールを使わない理由はありません!

 

イーリス
イーリス
特に、電脳せどりはライバルが多いので、積極的にツールを活用しつつ、リサーチをしていきましょう!

在庫を抱えづらくなる

電脳せどりでツールを使うと、在庫を抱えづらくなります。

というのも、根拠に基づいたリサーチができるようになるからです。

電脳せどりで利益を出していくためには、仕入れをする際に、理由と根拠が必要です。

 

私は、だれかに「なんで仕入れたの?」と聞かれたときに、なぜ仕入れたのか説明できるような仕入れをしています。

例えば、以下の商品がメルカリで2,500円で販売されているとします。

 

 

中古価格で5,980円の商品なので、売れれば十分利益になる商品。

しかし、価格差があるからといって、売れるとは限りません。

 

そこで、ERESAなどのツールを使って、仕入れる理由を見つけています。

仮に仕入れる場合は、以下のような理由ができます。

 

商品を仕入れる際の理由

  • 需要に関する理由
    →ランキンググラフを見て売れる波形だったため仕入れた
  • ライバルの多さ
    →若干ライバルは多いが価格差があるため柔軟に対応できる
  • 価格推移
    →目立った価格変動はないため仕入れた

 

このように、ツールを使って、在庫になるような要素を少しでも消していけば安心です◎

需要がある商品で、ライバルが少ない商品なら、積極的に仕入れたい商品ですよ♪

電脳せどりでツールを使う際の注意点はある?

電脳せどりをする際は、ツールを使うべきですが、注意点も存在します。

これからツールを使いたいと思っている人は、注意点についても把握しておきましょう。

具体的な注意点は、以下のとおりです。

 

電脳せどりでツールを使う際の注意点

  • 依存すると停止したときに大変
  • 費用がかかるものもある

 

特に、ツールの依存は電脳せどりで危険な行為です。

何かしらレバレッジが効くような対処法を用意しておかないと、電脳せどりそのものができなくなる可能性もあります。

 

イーリス
イーリス
複数のツールを使って、リスクヘッジをしておくとよいでしょう!

依存すると停止したときに大変

電脳せどりのツールは、思いもよらない形で停止します。

なかでも有名なのは、モノレートです!

モノレートは、多くのせどらーを支えていたツールで、さまざまなリサーチができたので、利用していた人も多いです。
(私も利用していました!)

 

しかし、2020年の6月をもって正式に終了。

今では、代替ツールとして、さまざまなツールが開発されて運営されています。

 

ERESAもその一つで、無料で利用できる点や、機能面が充実している点を考えると、モノレートにかなり近いと思います!

ただ、モノレートが終了したときは、大きな反響を生みました。

 


引用:Twitter

 

モノレートが終了して以降、ツールに依存するあまり、せどりを引退した人も少なくありません。

今回紹介したアマキパも、突如2021年5月に停止しましたし、何があるかわからないのがせどりです。

 

ちなみに、モノレートが終了して起きたことを、時系列で紹介すると以下のとおりです。

 

モノレートが終了して起きたこと

  • 2020年9月
    →代替ツールのデルタトレーサーが有料版へ移行を表明
  • 2020年10月
    →セラースプライトの一部機能有料化
  • 2021年1月
    →デルタトレーサーの完全有料版移行
  • 2021年4月
    →ERESAの誕生
  • 2021年5月
    →アマキパ終了

 

Keepaも、商品の需要を調べるランキンググラフなどを閲覧する場合は、有料版登録が必要です。

以前は、すべて無料で利用できていましたが、これもモノレートが終了したことがきっかけですね……。

 

イーリス
イーリス
イーリサに関してはないと思いますが、ツールはいつ終了するかわかりません!終了したときのことを踏まえて、いくつか対処法を用意しておきましょう!

費用がかかるものもある

イーリサは、公開されている機能ならすべて無料で利用できます。

有料版リリースの話も出ていますが、現時点で公開されている機能はそのまま無料で利用できて、+αの機能が有料になるようなイメージです。

そのため、商品のリサーチをしたいなら、積極的に使っていきましょう!

 

その他のツールは、基本的にお金がかかるものばかりです。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

 

電脳せどりツールの利用料金

  • NEWタイプデルタトレーサー:月額2,200円
  • Keepa:月額18ユーロ(2,500円程度)
  • セラースプライト:月額98ドル(10,000円程度)
  • ショッピングリサーチャー:月額3,980円

 

それぞれ、特徴があるツールですが、イーリサで代用できるものも多いです。

そのため、無理して有料版のツールを使う必要はありませんよ!

ある程度、電脳せどりで利益が立ってきたときに、別ツールの利用を検討しましょう。

まとめ

電脳せどりをする場合は、ツールを積極的に使用しましょう!

ツールを使って作業を効率化すれば、電脳せどりでも稼ぎやすくなりますよ◎

さまざまなツールがありますが、当ブログでも紹介しているERESAがおすすめ!

 

 

ERESAでは、このようなグラフを商品別に表示できます!

”価格推移・販売者推移・ランキング推移”の三つ分類されますが、いずれも商品のリサーチには必須な内容です。

 

利用するだけで、在庫を抱えづらくなりますし、根拠に基づいた仕入れができますよ◎

つまり、電脳せどりで利益を出したい人は、登録したほうがよいツールです!

 

イーリス
イーリス
無料で使えるので、電脳せどりをこれから始めようと思っている人や、始めて間もない人は登録をおすすめします!
最新情報をチェックしよう!