唯一無二のAmazon市場分析ツール 「ERESA(イーリサ)」の公式ホームページになります。

amazonでアカウント停止のメールが来たら開かない!体験談を交えて実態を紹介!

  • 2021年3月24日
  • 2021年4月8日
  • Amazon

Amazonを利用していると、さまざまなメールが届くことがあります。

その際に気を付けたいのが、「Amazonアカウント停止」に関するお知らせのメールです。

このメールが届いたときは、くれぐれも開かないようにしましょう。

 

「Amazonのアカウント停止メールは本物?」

「Amazonでアカウントが停止する理由は?」

 

今回は、Amazon(?)からアカウント停止メールが来た人のために、そのメールが本物かどうかを紹介します!

結論を少しだけ言うと、公式からアカウントが停止したメールが来ることはなく、詐欺メールの一種なので対応しないことが重要です。

 

イーリス
イーリス
ただ、利用規約違反に抵触したら、Amazonのアカウントが停止するので注意しましょう。その際は、普通に公式からメールが届きます。

 

よくわかる解説

  • 詐欺メールは開かないのが原則
  • Amazonの詐欺被害メールは多い
  • 迷惑メールに入ることがほとんど

【PR】Amazonで販売されている1700万商品以上

✅ランキング・価格変動
✅売れ筋
✅買い時、売れ時

が瞬時にわかる唯一無二のAmazon市場無料分析ツール
「ERESA(イーリサ)」

詳しくはこちら


 

Amazonでアカウントが停止されたメールが来た!これは本物?

Twitterで「Amazon アカウント停止」で検索すると、多くの投稿が出てきます。

しかし、そのほとんどが「アカウント停止メールが来たけど、詐欺だよ」という内容です。

 

 

私も受信したことがありますが、このようなメールが、Amazon登録アドレスに届きます。

最初メールが届いたときは、Amazonから本当に来たものだと思って、リンクをクリックしようと思いましたが、ドメインなどが違うことに気付きました。

 

「アカウントが停止しました!」とAmazonから来たように見せかけて、実は個人情報をスキミングするような詐欺手口です。

見分け方は後述しますが、基本的に中国から送られてくるので、内容が不自然です。

 

 

こちらが、実際のメールの本文ですが、突っ込みどころしかありませんね……笑

全文読めば偽物だとわかるので、ドメインに”Amazon”が入っているからといって、安易に開くのはやめましょう。

 

実録!その他にもあったAmazonの偽詐欺メール!

Amazonから、アカウント停止メールが届いたときは、基本的に詐欺の可能性が高いです。

そのため、メールが来たからといって、リンク先に飛ぶのはやめましょう。

 

ちなみに、私も同じようなメールが届いたので、それぞれ紹介しますね♪

メールの内容を簡単に紹介すると、以下のとおりです。

 

実際に届いたAmazonの詐欺メール

  • プライム自動更新設定を解除いたしました
  • カード情報更新のお知らせ
  • SMSにて通知

 

これらのメールが来た場合は、リンクを開かずにゴミ箱へ捨てましょう。

個人情報が盗み取られるだけではなく、カード情報などがスキミングされてしまうので、トラブルになる可能性が高いです。

 

イーリス
イーリス
公式から届くメール以外は、基本的に無視しましょう!

プライムの自動更新設定を解除いたしました

Amazonは、プライム会員になると、さまざまなサブスクサービスが利用できます。

私も、プライムミュージックやプライムビデオなどを楽しむことがありますが、迷惑メールフォルダに以下のメールが届いていました。

 

 

Gmailを設定していると、amazonから送られたメールだと確認できなかった場合、自動的に迷惑メールフォルダに入るようです。

メールのタイトルは、「Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!」というもの。

内容を見ると、アカウントが停止した旨が記載されていました。

 

 

このメールが実際に届けば、焦りを感じてしまう人も多いですが、開かなければ問題ありません!

メールによっては、開いた時点でスキミング詐欺に遭うようなものもあるため、”開かない・見ない”が原則です。

 

ちなみに、今回詐欺メールが届いたのは、[email protected]からでした。

ドメインに、”amazon.co.jp”が入っているため、思わず公式のものと思われがちですが、調べたら詐欺系のアドレスでした。

 

 

巧妙な手口なので開いてしまう人もいそうですが、それぞれ注意しましょう。

カード情報更新のお知らせ

先ほど紹介したメールは、プライム会員に登録していなければ、詐欺のメールだと気付くと思います。

しかし、「カード情報更新のお知らせ」という内容でメッセージが届くと、思わず開いてしまう人も多いと思います。

 

 

Amazonあてから届いたこちらのメールですが、通常のメールボックスに入った場合は、本物のAmazonからのメールだと勘違いします。

内容は、以下のとおりです。

 

 

Amazonに登録している情報に不備があり、クレジットカード情報が更新できなかったという内容です。

少しだけ引用すると、以下のとおりでした。

 

残念ながら、Amazonのアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになっているか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報が更新できませんでした。

引用:実際に届いたメールより

 

要するに、登録しているカード情報などに不備があり、決済ができなかったり、プライム会員の決済ができなかったりしたことを想定する詐欺メールだと推測できます。

また、不安をあおるように、24時間以内に対応しないと、アカウントに利用制限がかかるとの記載がありました。

 

 

ここまで巧妙だと、ログインしてアカウント情報を更新しそうですが、トラブルになるのでやめましょう。

ちなみに、このメールの宛名は[email protected]と、いかにもAmazonらしいアカウントです。

 

基本的に、Amazonは別リンクに移動させて、個人情報を変更させるようなメールは送らないので、スルー安定です。

SMSにて通知

最近では、Amazonの詐欺メールは、メールだけではなくSMSでも通知されます。

おそらく、何らかの形で電話番号が流出してしまったことが原因です。

 

私の場合は、中国輸入を頻繁におこない、中国の業者とやり取りすることが多いため、そのいずれかで流出したことが考えられます。

 

 

こちらが、実際に来たメッセージです。

2通届いていますが、いずれもアカウント情報更新に関する連絡です。

 

支払方法に問題がある点や、アカウントが停止した点を訴求されると、思わず開きたくなるアドレスです。

しかし、リンクをよく見ると、Amazon公式のものではないことがわかります。

 

一応、アドレス内にamazonと入っているのはわかりますが、その後のドメインなどに違和感があります。

 

イーリス
イーリス
要するに、紹介したすべてのメールは詐欺に関するものということです。Amazonが公式で通知をする場合は、”Amazon.co.jp”宛からメールが届きますよ!

Amazonからのメールかどうか確認する2つの方法!

万が一届いたメールが、Amazonのものかどうか確認したい場合は、二つの方法があります。

 

被害にあわないためにも、見分け方をしっかり把握しておきましょう。

具体的に確認する方法は、以下のとおりです。

 

Amazonからのメールかどうか確認する方法

  • Amazonメッセージセンターで確認する
  • ドメインを確認する

 

この方法で確認すれば、Amazonから届いたのかどうかすぐにわかります。

特に、Amazonメッセージセンターは、Amazonで登録アドレスにメールを送った全履歴が残っているので、確認方法としておすすめですよ♪

Amazonメッセージセンターで確認する

Amazonからのメッセージを確認したいなら、メッセージセンターを開いて確認しましょう。

こちらのぺージから移動できますが、Amazonから送られるすべてのメッセージをしています。(ログインが必要です)

 

 

このメッセージボックスに、送られてきたメールがない場合は、詐欺のメールだとわかります。

一応、整合性を確認するために、メッセージセンターにあるメールと、メッセージボックスにあるメールを比較しました。

 

 

赤線を引いたメールは、Amazonの注文に関するメールです。

3月17日の12時頃に送られていますが、Gmailには以下のように届いていました。

 

 

同じ内容メールが届いていたので、正しいメールで間違いないようです。

怪しいメールが来たら、一度メッセージセンターで確認しましょう。

ドメインを確認する

次に、ドメインを確認する点です。

Amazonから、メッセージが届いた際ですが、ドメインは”Amazon.co.jp”からしか届きません。

 

それ以外のメッセージが来た場合は、詐欺メールの可能性があるので注意しましょう。

 

 

以前、セキュリティ通知のメールが公式から届いていました。

そのなかに、メールがAmazonからきているかどうか確認するには?という質問が書かれていたので、共有しますね♪

 

このEメールがAmazonから送信されていることを確認するにはどうすればよいですか?

このEメールのリンクは「https://www.amazon.co.jp」で始まります。以下のリンクをいつでもブラウザに貼り付けて表示できます。

引用:Amazon公式のメールより引用

 

詐欺メールのリンクは、基本的にボタンから設置されています。

そのリンクを万が一開いて、「https://www.amazon.co.jp」から始まらないアドレスだった場合は、詐欺メールと判断しましょう。

万が一詐欺メールで偽Amazonで個人情報を入力した際の対処法!

仮に、あなたが詐欺メールを開いて、リンクに移動して個人情報を入力してしまった場合、これから紹介する対処法を実践してください。

早い段階で対処しないと、個人情報が漏洩する可能性がありますし、注意したいところです。

 

具体的な対処法は、以下のとおりです。

 

詐欺メールで個人情報を入力した場合の対処法

  • パスワードを変更する
  • Amazonに問い合わせる
  • カードをストップする

 

これらの対処法を実践すれば、被害を最小限に抑えられます。

焦る気持ちはわかりますが、まずは冷静に対処することが重要です。

パスワード変更をする

万が一、偽メール経由でアカウント情報を入力した場合、早急な対応なら、情報を漏洩せずに済むかもしれません。

実際に、リンク先をクリックした人が投稿していましたが、実際のAmazonのログイン画面と大差ないです。

 

 

そのため、間違えて入力するのもわかりますね……。

ただ、この時点ではアドレスとパスワードを入力するだけなので、被害を最小限に抑えられるかもしれません!

 

あなたがすることは、アカウントにログインして、早急にパスワードを変更することです。

入力直後なら、まだ詐欺業者も対応していない可能性があるため、被害を最小限に抑えられるかもしれません。

 

すでに、アカウントにログインができなくなった場合は、運営に問い合わせましょう。

Amazonに問い合わせる

アカウント情報が漏洩して、Amazonにログインできなくなった場合は、Amazonに問い合わせましょう。

問い合わせる内容は、アカウント情報が漏洩してしまい、ログインできなくなったことです。

 

Amazonに問い合わせをする手段は、大きく分けて二つあります。

 

Amazonに問い合わせをする手段

  • メール
  • チャット
  • 電話

 

迅速に解決できるのは電話ですが、即調べたい場合はチャットにて連絡しましょう。

こちらのリンクから移動でき、”今すぐチャットをはじめる”をクリックすると、AIによる自動チャットが開始します。

 

 

最初はAIが対応しますが、質問内容によってカスタマーサポートにつながります。

その際に、「アカウントが乗っ取られた可能性がある」と伝えれば、対応してくれますよ♪

 

イーリス
イーリス
アカウント情報を調べて、内容に問題があればそのまま復旧の流れに移ります!

カードをストップする

アカウント情報が乗っ取られてしまい、Amazonにログインできなくなったら、カード情報も併せて変更しましょう。

この場合、Amazonで対応するのではなく、クレジットカード会社で対応します。

 

カード会社によって対応は異なりますが、今回はアメックスを例に紹介しますね!

 

カードを止める手順は、以下のとおりです。

 

アメックスでカードを止める手順

  1. アメックスのアプリにログインする
  2. マイページを開く
  3. カードの一時停止・解除をタップする
  4. カードを止める

 

この流れで止められるので、それぞれ手続きしましょう。

まず、アメックスのアプリにログインして、止めたいカードを選択したら、マイページを開きます。

 

 

すると、カードの一時停止・解除ができる項目があります。

こちらを開くと、カード情報を停止できるページに移動できます。

 

 

カードを止めるボタンを押したら、カードが一時的に止まります。

しかし、この時点ではカードを止めただけなので、日常的にカードが使えなくなります。

そこで、各カード会社に再発行の連絡をするとよいでしょう。

 

イーリス
イーリス
手間がかかりますが、カードを新しく作るためには必要なことです!

まとめ

Amazonを利用していると、メールボックスにメールが届くことがあります。

メールの内容にもよりますが、”Amazon.co.jp”あてから来ていない場合は、基本的に偽物です。

 

 

このようなメールが届いた場合、偽物と疑ったほうがよいです。

不安をあおるように、アカウントの再設定やカード情報の更新を促してきますが、スキミング詐欺の一種なので注意しましょう。

普段からAmazonを利用している人や、Amazonに商品を販売している人は、特に勘違いしやすいです。

 

リンクを開くだけならまだしも、偽ログイン画面でログインしたら、情報がすべて漏洩してしまいます。

これを避ける意味でも、変なメールが来たら開かないことが原則です!

 

最新情報をチェックしよう!